秋|豆知識ー白斑ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0611 豆知識ー白斑ー

NO.0611 豆知識ー白斑ー

ついに台風シーズンに入りました。今年は記憶にないほど天災が続いています。
台風が過ぎて関東地方はめっきり秋らしくなり、ふと気が付くと6時半には
もう真っ暗。いつの間に…という感じですね!そんな台風の前日、宮城県石巻で
“お肌の学校”をさせていただきました。ずいぶん前から来ていただいている
お客様で、以前は毛穴の開きとお顔のホテリで赤味が結構強いタイプのお肌で
あったお客様、もう30歳くらいになったかな~と思い、
「肌力がついて本当良い肌になったね!昔のホテリももうないよね!」
とお肌のチェックをしていましたら
「そうですか、ずっと見ていただいている先生にそう言ってもらえると嬉しい
です!もう20年過ぎました!」といわれ絶句!
「えっ!20年過ぎたの?だってお肌すごく若々しいよ!いくつになったの?」
「19歳から来て20年です!」再び絶句!!
「そんなになった?肌からしたら30歳そこそこだよ!トラブルもシワもないし」
「みんなに褒められます」笑、笑、笑
そうなんです!普通に正しい手入れをしていると老化を遅らせることができるの
です。このお店には20年以上きちんと使っている方々がとても多いのですが、
自分の肌を知って、肌に合ったアドバイスを聞いて、食生活や食習慣をちょっと
変えるだけで70歳を過ぎても50代くらいにしか見えない方も多いのです。
今回も2日間で60名以上お客様にお会いしましたが、トラブル改善中の方、
トラブル回復後の方、毎月いらっしゃるありがたい来店でお店の担当者の方も
全員フル活動でした。震災から3年、少し落ち着いた石巻でキチンと美肌作りを
されている方々の心のゆとりにとても感動いたしました。

さて今回は今化粧品業界にとって切な話題であります“白斑”というトラブルに
ついて少し勉強してみたいと思います。今までも“白斑”については何度か触れ
てまいりましたが、まさかここまでの被害が出てくるとは想定外でした。
ただ、美白エッセンスは競い合うように各社発売してしのぎを削っておりましたの
で、“白斑”の恐れについては私も触れてきたことでした。

美白という言葉が身近になったのは、このところ10数年かと思います。その前も
もちろんあったのですが、紫外線の有害さが定着して故鈴木その子先生がテレビに
出るようになって美しい肌は“白”という流れができたようです。しかし実際の
ところ、日本人は黄色人種と呼ばれる民族で淡黄色から褐色の肌までかなり幅が
あります。黄色人種とはヨーロッパ人と比較した際の肌色の由来で、モンゴル人種、
黄色人種⇒モンゴロイドといわれています。ということは、稀に肌色の本当に白い
人はいてもやはりヨーロッパ人とは違うということがポイントです。特に世界の
化粧品をざっと見ても美白は日本人が一番意識する美しさで、逆にヨーロッパ人は
日焼けしたサンタン肌がステータスという考え方もあります。そんな黄色人種が
美白を追及して、メーカーも美白製品が売れるということで、追及を重ねての
最終章が白斑の発生ということになってしまった訳です。ただ、白斑というカテ
ゴリーの中で、ロドデノールが引き金になった炎症を持った白斑は従来の白斑とは
ちょっと違うものです。従来の白斑は根本的な“コレ”!という原因が解明されて
いないといわれており、
自己免疫説:過度のストレスが引き金でメラニン形成細胞を自分で壊したり低下
させてしまい脱色する。
神経説:自律神経の異常(発汗異常を伴う)
遺伝説:家系の中で複数の人が白斑を発症する遺伝子(HLA-DR4)を持つ。
これらが一般的に言われている原因です。特に神経説の自律神経との関連は、神経と
メラニン色素を作るメラノサイトがつながっていることがわかりました。
そう考えると、ロドデノールという物質は色素細胞に対して何らかの影響を起こす
外的な要因ということになります。特にロドデノールが20数年前白斑被害を起こ
したラズベリーケトンに水素を添加してロドデノール化合物を作っていたとの報道で
白樺エキスをあたかも原料のように表現していたのはかなり問題ですし、しっかりと
コース使いをしていた方の被害が多いということは何らかの化学変化が起き、皮膚
内で変化したと考えられます。これから原因がわかればなおさら従来の白斑との
メカニズムの違いがわかることと思います。そしてこの被害を引き金にして、白斑
治療に効果のある方法が発見されれば、被害でお悩みの方、白斑でお悩みの方の
光明となってくれると思います。

美白はそう簡単にはできません。ただし透明感のある健康な肌、老化を感じさせ
ない肌作りは、正しいスキンケアでできることが私の体験でもわかります。
是非、自分の肌の見直し、してみてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up