春|上手な発汗|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0179 上手な発汗

NO.0179 上手な発汗

明るい日差しの日は、真夏並の暑さを感じる季節になりました。
もちろん日焼け対策はキチンとされていることと思います。
いつもお話ししますように、家の中でも日中は、素顔でいると
危険がいっぱいということを忘れないでいただきたいと思います。

さて今日は、そろそろ汗の季節ということで、
汗について復習も踏まえてお話しさせていただきます。

日本人の80%の方が、本来なら乾燥肌ということを考えますと、
成人型ニキビでお悩みの方や、自称脂性肌の方も、本来の体質は
乾きやすい肌質を持っているということになります。
この確認の仕方は冬のボディーです。ふくらはぎや腕がカサついたり、
粉が吹いた状態になったり、痒くなったりした経験のある方は、
ほとんどが乾性肌ということになります。
このことによって、秋~春までは、ある程度ご自分の肌質が何なのか
理解していただけると思うのですが、初夏~夏は、どなたもしっとりと
肌が潤い、自分のもつ肌の欠点が、解かりにくくなってきます。
この時季に乾性肌の方がお手入れ不足をしますと、秋風の頃に
「老化肌」へまっしぐらということになりますので、日々の基本的な
お手入れは、しっかり実施してくださいね!

さて、汗や発汗は、体質ということに大いに関係があります。
以前に豆知識でお話ししたことがありますが、一般的にかく汗は、
エクリン腺という汗腺からの汗です。
エクリン腺の数は、地域や個々によって差がありますが、
230~350万個くらいあるといわれています。
熱い所で育った人は、汗腺の発達が良く、寒いところや汗をかきにくい
環境で育った人は、汗腺の発達が弱く、働いている汗腺(能動汗腺)の
数が異なるのです。

エクリン腺の多い場所は、頭、顔、うなじ、手のひら、足の裏などで、
頭にはとびぬけてエクリン腺が多いのですが、それは、熱から脳を
守るためと考えられています。
汗をかくということは体温調節としての役割が大きいことは、皆良く
ご存知のことと思いますが、発汗そのものに、上手な発汗と、下手な発汗が
あること、ご存知でしょうか?
発汗作用には、
味覚性発汗(辛いものや酸っぱいものを食べてかく汗)
精神性発汗(緊張や興奮、手に汗握るという汗)
温熱性発汗(体温調節に伴う汗)
不感知発汗(通常の生活の中で意識しないでかく汗)
など、いくつかの原因があげられますが、その上手、下手というのは、
温熱性発汗のメカニズムに関係します。

汗は血液から作られ、体温が上がるとミネラル分と水分が汗腺に取り込まれ、
ミネラル分は血液中に再度吸収され水分だけが発汗していきます。
これが一般的な上手な汗のかき方ですが、下手な汗をかく人は普段汗を
かかない体質、またはそのような生活をしている人で、スポーツなどをして
汗をかき出すと、水分とミネラル分を一緒に体外へ出してしまう人のことです。
上手にかかれた汗は、水分だけですので、発汗後は酸性の汗ということで、
しっとりしています。逆に下手にかかれた汗は、水分にミネラル分が含まれて
いますので肌アレやトラブルの元になるアルカリ性の汗なのです。
これだけ考えても汗をかくトレーニングが必要なことがお解りいただけると
思います。

しかも、ミネラル分を含んだ汗をかく人は、血中のナトリウムやカリウム不足で
内蔵機能が低下したり、カルシウム不足で骨粗鬆症等を起こすことも考えられます。
更に、汗をかかない人、またはそのような生活をしていると、自律神経失調症の
一種である、起立性調整障害というトラブルまで引き起こしやすいそうです。
立ちくらみ、めまい、朝起きることができないなどの症状を引き起こす
このトラブルも発汗のない生活から緊張感を鈍らせ、身体の器官がうまく働かなく
なるからなのです。
ですから、一般にいう「夏バテ」もこの下手な汗のかき方が、原因のひとつと
考えられるわけですね!

汗をかくこれからのシーズン、発汗の弱い人は、ウォーキング、入浴、運動など
発汗トレーニングをしていただき、上手な汗かきの夏を過ごすことで、
夏バテ知らずになっていただきたいと思います。

また肌も同じで、発汗力のある人の肌はみずみずしく透明感があります。
この発汗作用を高めるためのトレーニングとして、ゆっくり入浴をする際の
オイルパックをお勧めするのですが、このお手入れは、クスミやニキビの
回復にもかなり効果的です。

オイルパックに使用するオイルは、乾燥の場合でしたら、お顔に使用できる
良質なオイルをお選びいただければ、ほとんど大丈夫ですが、ニキビや
成人型ニキビの方は、肌に合わせたものでないと悪化の原因になりますので
ご注意ください。
方法は、入浴時ダブル洗顔後、オイルをお顔全体に塗布し、10~20分放置し、
ムシタオルで拭き取り、シャワーで流すだけです。
肌により、毎日実施しても週1~2回でも良いでしょう。
入浴後はたっぷりと化粧水を使用してください。
これで、上手な汗かきへのランクアップができますよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up