春|季節のお手入れ―自分の肌を知る―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0354 季節のお手入れ―自分の肌を知る―

NO.0354 季節のお手入れ―自分の肌を知る―

この季節、町の中を見渡すとどんな服装が正解なのか
とても困ってしまう時期ですね!
ダウンを着ている人もいればブレザーやスプリングコートで
震えている方もいるという、なんとも迷いの出るシーズンで、
浮かないように気をつけるのも大変です。
特に私のように帰りの遅い仕事は、夜はまだまだ冷えますので、
油断をすると風邪をひいてしまいそうな気温です。

今日は東京の豊洲というところで、お店様主催の消費者向け
“美と健康の集い”の講師をしてまいりました。
皆さんとても熱心に聴いてくださいましたが、冬の時期、皆さんが
自分のお肌を知らずに手入れをしているという実態を感じ、
勧められるがままのコスメ選びに対して、自分のお肌を知ることの
大切さをテーマにセミナーをさせていただきました。

そこで今回の季節のお手入れは、復習を踏まえ
“自分の肌を知り、正しいケアをする”をテーマに
お話してみましょう。

まず、自分が色白であるのか色黒であるのかわかりますか?
肌の色と肌質にはとても関連性があり、元々の自分の肌を知らなければ
正しいケアもできませんので、最初に自分のお顔と肌のチェックをして
みましょう。

鏡を30cmくらい離して自分の肌を良く見てみます。
首の色と素顔の色を比べ、素顔の方が透明感があり、いくらかでも
白ければOK、アレッと思った場合、くすみの発生を考えてください。
次に横顔を見てみましょう。フェイスラインにソバカス状のシミがあれば
油焼け状態、つまりクレンジングができていない肌と考えられます。
そして次に、正面から見て目の回りに黒ずみ、小じわがないかチェック
します。これはあっても当たり前ですので、さらっと次に行きます。
目のキワ、目じりにソバカス状のシミがないか確認します。
最後に二の腕内側と太もも内側の肌色を見ます。この二の腕と太ももの
内側が元々の肌の色と考えていただきますので、全体をチェックして
いただいた上で、自分が色白タイプか色黒タイプか判断できると思います。

先ほどさらっと流した、目の回りのチェックは老化度のチェック、
目じりのチェックは色白の方に多いシミの確認です。
ただし、この目じりのシミは生理前、生理中に目立ち、後はあまり
気にならないシミです。色白タイプの方の場合、25歳を過ぎますと
ほとんどの方に発生しやすくなるものですので、確認事項として
覚えておいてください。

ご自分の肌の色が確認できたところで一番大切なことは、色白の方は
シミ、ソバカスは目立ちやすいのですが、元々化粧品などにはカブレ
にくいということです。
そして逆に、色黒タイプの方はシミ、ソバカスは発生しにくいのですが、
実は化粧品などには敏感になりやすいということなのです。
もちろん例外もありますが、この基本線を忘れないようにしてください。
なぜなら、色白の方は、肌に合わない手入れやコスメ選びをした際、
反応が出にくい分、つい無理をしてしまい、敏感肌を作ったり、
外傷性のシミを発生させてしまったりするからです。
色黒タイプは逆に刺激を感じやすい方が多く、あまり合わない手入れを
続けない方が多いようです。

それでは色白タイプの方の最も向かないお手入れとはどのようなもの
なのか確認して見ましょう。
それは、とにかく“こする”お手入れです。
・コットンでふき取る、ティッシュでこする。
・ピーリング、ゴマージュ、スクラブ、酵素洗顔。
・顔そり。
・クリームファンデーションをパフで延ばすなど、
このような刺激は、知らず知らずのうちにシミや敏感肌の原因に
なってしまいます。
特に肌の丈夫な方ほど平気で行ってしまうひとつの生活習慣なのです。
ご自分の肌性を知れば、お手入れの方法や注意しなければならない
こともお解りいただけると思います。トラブルの元になる習慣は、
早めに、必ずなおしていきましょう。

そしていつもお話しする365日のホームケアの実施を忘れないで
いただくことです。
今日のセミナーでは、特にクレンジングと洗顔で始まる、スキンケアの
基本中の基本に間違いが多く、ご参加いただいた皆様の正しい選び方と
使用法を確認させていただきました。このメルマガ読者の皆さんには、
何度もお話していますのでご理解いただいていると思いますが、一般の
皆様では、メイクをしない日にはクレンジングをしないという方が多く、
要チェックでした!

最後に使用量の確認ですが、クレンジング100~120gの場合は、
だいたい1か月分と考えて使用していただき、くるくる、つるつると
すべるくらいの量が大切と覚えておきましょう。
化粧水も100~150mlのものが多いのですが、1ヶ月程と考え
タップリ使用してください。

今回のお手入れは基本の確認ということで、復習を踏まえ、
今日行ってきたセミナーでのチェック事項をお知らせしました。
自分のお肌を再度確認し、適切なホームケアを行ってくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up