秋|季節のトラブル―秋の備え―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0289 季節のトラブル―秋の備え―

NO.0289 季節のトラブル―秋の備え―

すっかり秋らしくなりました。
外では鈴虫が鳴いているまったりとした夜長です。
しかし、秋の訪れと共に今年も秋のアレルギーでお困りの方が
増えてきたようです。

今年は夏の終わりからホホ骨あたりが敏感になっている方が多く、
小さな発疹や赤味、ヒリヒリ感が目に付きます。
これは、ホホ骨部分が、体が疲れたりストレスが重なると敏感になる部分で
紫外線の影響をとても受けやすい部分だからです。
その上この部分は、ティッシュやファンデーションの摩擦もよく感じる部位
ですので、今年の場合は汗と紫外線による敏感状態と考えていいでしょう。
秋のケアを上手に行い、シミにしないようにしたいものですね!

そこで今日は、そんな秋の敏感な肌を見据え、老化させない
秋のお手入れを勉強していきましょう。

感じていらっしゃる方も多いと思いますが、今年の夏は湿度と温度差が
特徴的でした。このような年、エネルギーの弱い方(ストレスの多い方、
虚弱体質、夜更しの多い方)にとっては9月末~10月中旬は
体調が悪くなる時期になります。いわゆる夏バテですが、
お顔は内臓の鏡といわれるように、体調不良のときはホホがげっそり
こけたり、目の周りのしわが目立ったり、シミが出たり、ニキビが出たり、
または混合トラブルが発生したりと、ありがたくない忙しさに見舞われます。
そしてお肌のトラブルは、女性にとって大きな悩みになってしまいます。

「お肌の学校」では、トラブルを発生させないためのアドバイスと
回復レッスンを行っているのですが、もし発生してしまったら、
今度はキレイに回復させなければなりません。
そのとき、手入れ法やちょっとしたコスメの使用法が問題になるのです。
間違った手入れこそ肌老化を起こし、単に自己満足だけの手入れを
繰り返してしまうことになります。
近頃のトラブル相談には、このパターンに陥ってしまった方の
相談がとても増えています。

先ず一番大切なことは、発生したトラブルに対する内面美容です。
食事、睡眠、ストレス解消の見直しは重要なポイントと認識してください。
そして次に来るのが、やはりコスメ選びでしょう。
これだけたくさんのコスメがある中でどのように選んでいくのか、
迷ってしまうのは当然のことです。

そこで大切なポイントですが、それは勧めてくれる人の知識と経験です!
“自分の質問にきちんと答えてくれているのか”ということを
しっかり確認してください。
よーく考えたら、「このコスメを使いなさい」しかいわれてなかった
なんていうことはよくあることです。
そしてもうひとつ“勧めてくれる方の肌がキレイだから選ぶ”ということ、
ありがちなことですが、コスメ選びのポイントとしては、
ずれているのです。もちろんキレイなのはとても良いことなのですが、
自分とその方とは違うということを覚えておきましょう。
大切なことは、トラブルに対してきちんと答えてくれ、現在の肌の
状態をしっかり説明してくれているかどうかです。
そんなアドバイザーがいれば安心ですね!

そして次に大切なのはステップです!
私、アドバイザー歴○十年としてお話しするのは、やはり日本人には
クレンジング、洗顔、化粧水、保護というステップ(多少ニュアンスの
違いあり)が一番適切だということ、そしてトラブル肌の方には
特に大切だということです。

そういえば先日、50代後半の女性が、お友達がどんどんキレイになる
ということで、そのお友達と一緒に「お肌の学校」に来られました。
その方の肌トラブルは、すごいクスミと油焼け、一目見て刺激物が
大好きとわかる毛穴!お化粧が浮いてしまってムラになっていました。

実は私、このようなお客様が大好きなのです!
この方の場合、やはりクレンジングを使用しないメーカーを使い、
2度洗顔、すべて原液タイプのスキンケア(ヒアルロン酸、コラーゲン、
胎盤エキス)を3種使用。
いったい何がいけないのか!懸命な読者の皆さんはおわかりですね!

クレンジングを使用せずに回復力はつかないということです。
その方、お手入れ後は見違える程キレイになって、何度も鏡を見ては
お友達に聞いていました。
私が、このような方が大好きな理由、わかりましたか?
お手入れのポイントがずれている方をキレイにすることは簡単なのです。
つまり、老化は正しいコスメをキチンした知識のある方から購入して、
自分のお肌をよく理解して使用すること、これがポイントになるのです!

例えば、気になる目の周りに対しては、ダブル洗顔後化粧水を一度つけ、
アイクリームを乾燥部に延ばしてからアルコールフリー、無香料タイプの
化粧水で湿布してみてください。
1週間頑張っていただければすっきり目元になりますよ!

秋の始まりはコスメと手入れの見直しから!
お肌にとって厳しい季節に備える大切な準備期間と考え頑張りましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up