冬|季節によるお肌のトラブルとスキンケア|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0108 季節によるお肌のトラブルとスキンケア

NO.0108 季節によるお肌のトラブルとスキンケア

12月からは暖冬という長期予報ですが、実際はどうなるか気になりますネ!
冬は肌にとって守りの季節です。この時季にお肌と上手にお付き合いすると、
トラブルが目に見えて回復するということになります。
くれぐれも小さなトラブルを起こさないこと、起こしたトラブルはきちんと
回復させることが大切です。

私が最近、よくお客様にお話するのは、
“今日は肌が荒れたなァと思ったら、その夜回復させてくださいネ”
というアドバイスです。
この考え方が小さなトラブルを大きなトラブルにさせないための基本なのです。

さて今回は、無意識の小さなトラブルについて考えてみましょう。
冬、カサカサするという状態はおわかりになりますか?
例えば、口の周りやホホに多く発生するのですが、
“粉が吹いた”とか、“パサつく”といわれる現象です。
このトラブルをお客様に指摘すると、ほとんど気にされていないとか、
“そうなんです”などというあっけない答えが返ってきます。
しかし、このトラブルが実はシミの元になっているとしたらどうでしょう?

まず、皮膚の基本知識の復習です、わかりやすく簡単に書いてみます!
皮膚はもちろん細胞からできていますので、すべてタンパク質で構成されています。
目に見える部分、手で触れられる部分を角質層と呼び、この部分が細胞分裂で
下から押し上げられ、常に代謝していきます。この代謝をターンオーバーといい
正常な元気のある肌の方で約1ヶ月かかります。
1つの細胞で約1ヶ月ですので、顔全体では6ヶ月近くかかるわけです。
それが老化していたり、トラブルを発生させていたりすると、
リズムはどんどん変わっていきます。
このリズムの正常さを保っているのが、皮膚表面のバランスであり、
感触としては、皮膚表面にしっとりした保護膜(アシッドマントル)ができていれば
まず安心して良いわけです。

この保護膜をアシッドマントルもしくは皮脂膜といい、天然の化粧品と呼ばれるほど
そのバランスは大切です。
そのバランスとはPH(水素イオン濃度)が4.5~6.5の弱酸性であることであり、
このバランスが乱れてくると、肌がざらつく、くすむ、ニキビ吹き出物が
出やすくなる、カサカサする、などという現象が起こるわけです。
これらの状態は、皮膚内部でNMF(天然保湿因子)や細胞をつなぐ細胞間脂質が
減少して細胞間に隙間ができている状態で、それによって外部からの刺激、
異物の侵入などが重なり、更にバランスを崩し、中和させる能力も落ちていきます。

皮脂膜は体内からの汗と皮脂が皮膚表面で自然乳化して形成されるものですから、
どなたにも形成されているわけなのですが、ストレスや生活環境、間違ったお手入れ
などにより微妙に変化するのです。
ここで忘れていけないのは、皮膚表面に起こったカサツキは
傷口となっているということです。
この傷口にホホ紅のブラシやティッシュ、ファンデーションのパフなどが
摩擦されたり、紫外線が吸収されたりしたらどうなるでしょうか?
何とかしようと体内ではメラニンを作り、カバーしようとしてしまうのです。
この悪循環がしっかりシミとして残ってしまうわけです。
更に、メイクのノリが悪いということで擦ったりしたら、
これは最悪の状態を作ります。

カサカサしたり、つっぱったりしたらダブル洗顔後、入浴中に良質のオイルで
パックをするとか、入浴後の化粧水パックなどでの対応が効果的です。
その他に最近お勧めしていることは、私共で「お肌のリンス」と呼んでいる
界面活性剤未使用のセラミド配合ゲルクリームでの、特殊パックです。
方法は、お風呂から上がる間際、ゲルクリームをつけ1分ほど置き
シャワーで流すだけ!これは皮膚表面を大変安定させてくれます。

このような肌に良いお手入れは、特に冬場のこの時季、
積極的におこない、カサツキなど起こさない努力をしていただくと、
つまらない小さなトラブルは回避できます。
そして夜のクリームは、乾燥肌の方の場合、
自分の思っている1.5倍をたっぷりと含ませてあげることにより、
皮脂膜のバランスがとれてくると考えてあげてください。
とにかく“その日のトラブルは夜回復”これを徹底していただき、
ハリのあるお肌を作っていきましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
_______________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up