春|[初夏にぴったり]初級メイクアップ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0128 [初夏にぴったり]初級メイクアップ

NO.0128 [初夏にぴったり]初級メイクアップ

早いもので、もう5月になり、初夏の暑さに上着もいらない晴天が続きました。
そろそろ紫外線もピークを迎える季節になりますので、素肌では絶対に紫外線を
受けないでくださいネ!
お肌の学校を受講の方は、朝カーテンを開けたらパウダーをお忘れなく!

さて、初夏の風の中、近頃はメイクの上手な女性がとても増えた感じがします。
14、5年前は眉ひとつご自分でカットされたことのない方が、大変多かった
ものですが、現在では中学生ぐらいから、繊細な眉を見事に作っています。
それだけメイクが当り前になっているのでしょうね!
そこで今回は、先月の豆知識「ファンデーション」に続き、
メイクアップについて少しお話しさせていただきましょう。

メイクアップとは、女性の手軽な変身願望の達成であり、より自分のチャーム
ポイントを引き立ててくれるものと考えてよいと思います。
ただ、メイクアップにも、TPOがあることを十分理解していただかなければ
ならないのですが、単に傾向ということで見てみますと、
近頃は、浜崎あゆみさんに代表されるアイメイクポイントでフルメイクを
するのが全盛であり、より自分の目元を意識するという感覚のようです。
目元を意識するということは、女性らしさの中の強さ、または自立を
表現していると考えてよいと思います。これが唇であればセクシーさ、
エレガントさを強調している部分でありますので、アピール点の違いを感じます。
そういえば最近は、結婚イコール退職、または専業主婦という方はめっきり
減っているようですので、この辺りにも表れているのかもしれません。

アイメイクの流行というものは、化粧品に携わるものとして、
よりお客様にキレイになっていただく上で、とても嬉しいものです。
例えば、十数年前でしたか、「太眉ナチュラルメイク」の時代があったことを
覚えていますか? ちょうどその頃、女優さんでは石原真理子さんを代表に
浅野ゆうこさんなども、そんなナチュラル指向でした。そのような時代は正直、
「素」が大きく作用します。やはり顔立ちの良い方にはかないません。
しかし、現在はメイクによって、より美しい自分を表現できる時代です。
特に眉の形においても、自分に似合った眉を作れる方が多くなったことが
プラスになっていると思います。

それでは、文章上で失礼ですが、メイクアップの初歩的な手順をお話ししましょう。
まずは、ベース作りからですが、
洗顔後、化粧水や保湿剤を使用して、下地クリームを全体に延ばします。
ここでファンデーションが、パウダータイプか、リキッド、クリームタイプかにも
よりますが、目の周りなど、クスミの出やすい部分にカラータイプのカバー色を
使用します。そして、その上から、ご自分に合ったファンデを使用します。

リキッドタイプやクリームタイプの場合は、よくなじませ、ムラやかたまりに
ならないように全体に延ばし、その上からカバーしたい部分に少量重ねていただくと、
キレイに仕上がります。
パウダーファンデでは、スポンジ半分ぐらいに、軽く押すようにとり、
細かく何度も肌を押さえるように使用していただくと、上級の仕上がりになります。

全体的にベースができましたら、初級の場合、すぐアイメイクに入ります。
アイメイクは、シャドウ、アイライン、マスカラ、眉の順が仕上げやすい手順です。
初級の方ですと、シャドウに洋服と同系の色調を選ぶとマッチしやすくなります。
紺、黒、グレーなら水色系、ベージュ、茶、グリーンなら茶~グリーン系という
感じです。
また、アイメイクは一色のシャドウで仕上げず、白っぽい色を全体になじませ、
真ん中に中間色、目のキワにカラー色というのが一番キレイに見えるポイントの
使い方です。

昔つけまつげ、今マスカラというくらいに、アイメイクの中でもマスカラの選び方は
女性の間で熱心なわけですが、ほとんどブラックで仕上げて問題ないと思います。
眉の色は髪の色合いに合わせてください。その後、口紅、ホホ紅の順で、
最後にTゾーンにライトカラーといわれる白っぽい色合いを入れ、終了です。
口紅とホホ紅は同系色を選び、仕上げられた方がスッキリ見えます。
文章上でしたので、わかりにくいと思いますが、女性の美への追求心の表れが
この手順と思ってください。

私は長く女性の中で仕事をしてきていますが、不思議にステキにメイクを
している方は、お手入れもキチンとしている方が多いようです。
中にはどちらか一方という方もいらっしゃいますが、キチンとしている方は、
ほとんど両方キチンとしているように感じます。
やはり「常に心がける」ということが、お肌のトラブル回復の手入れに
結びついているということなのでしょう。

メイクアップもお化粧とは考えず、素肌保護プラスアルファと考え、
楽しんでみてはいかがでしょう? 
メイクによって10歳以上若返る方も多いんですよ!
初級メイクの手順で、試したことのない方もチャレンジしてみてくださいネ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up