秋|豆知識―トラブル回避と洗顔法―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0106 豆知識―トラブル回避と洗顔法―

NO.0106 豆知識―トラブル回避と洗顔法―

日差しは暖かなのにすっかり北風になりました。
温度差も大きく、体調を崩しがちですね!
今回は、最近お肌の学校に相談に来られる方々の中で、
気になるトラブルから、お話してみたいと思います。
私が最近気になっていることは、お肌の診断に初めてこられる方に多い症状で、
皮膚表面の油膜が乾燥状態で、白ニキビ、黒ニキビの発生が見られ、
“毛穴が詰まっている”という方たちが多いことです。
何とも不思議な肌状態で、一日に何人もいると「なるほど・・・」と
納得してくるのですが、このトラブルの原因はダブル洗顔の部分にあるのです。
このトラブルの方は北風の中、皮膚表面の硬さから水分のバランスが崩れ、
カサカサになっている状態の方がほとんどなのですが、
それらの方々にダブル洗顔の方法をお聞きすると、
10人中7人はオイルクレンジングを使用しているとお答えになります。
そして、洗顔はお手頃な一般品という方が多く、
ご自分のトラブルの悪化原因については、あまり理解されていないようです。

なぜ、オイルクレンジング?ということなのですが、
特にお肌のトラブルのない方の場合、オイルクレンジングはまったく問題ありません。
というのも、トラブルを発生させている方のほとんどは脂性タイプの水分不足、
または、敏感肌の水分不足なのです。
そこで今日は、お肌のトラブルを回復するためのクレンジング選びを少し
復習してみましょう。

クレンジングには、色々な種類があります。
・化粧水タイプクレンジング
・乳液タイプクレンジング
・クリームタイプクレンジング
・オイルタイプクレンジング
・ジェルタイプクレンジング
その他、洗顔とクレンジングが一緒になっている石鹸、粉状のダブル洗顔、
ざっと挙げてもこんなにあります。
そこで大切なことは、自分の肌とトラブルを理解していただくことです。
まず、化粧水タイプですが、敏感な方の場合、コットンに含ませて拭き取るという点で
避けたいタイプです。ただし、角質が硬くなる欧米の方々には向いています。
こする、摩擦するということから、皮膚表面のくすみ、シミの発生にも関係して
きますので、お使いになる場合にはコットンにタップリ含ませ、軽く拭き取ることを
心がけてください。使用感はサッパリしていますので、脂性タイプの方からは、
割に好まれます。
次に乳液タイプ、こちらはどうして添加物がも多く含まれる点が問題ですが、
薄化粧の方などには心地よく使ってもらえそうです。
三番目にクリームタイプですが、角質へのなじみが良く汚れを包む力がありますので、
使用量を多めにしてゆっくりクレンジングしていただくと良いでしょう。
ただし、乳液タイプもクリームタイプも価格によって使用している油分が
ずいぶん違ってきますので、やはりあまりお手軽すぎるものは避けてください。
次に現在大人気のオイルクレンジング、こちらは水ですすぐとサッパリ落ちて
使用感が良い。なじませたときマスカラなどの落ちが良いなど、
利点もたくさんありますが、使用油分及び添加物の点で敏感な方はトラブルが
発生しやすいということと、皮膚表面にあるファンデ、マスカラなどの
洗浄力は高いのですが、角質へのなじみが悪く、乾燥しやすいという点を
チェックしておいて頂きたいと思います。
ジェルタイプのクレンジングも摩擦が強い点以外、ほとんど同様です。

今回は大ざっぱに、クレンジングについて種類と注意をお話しておりますが
これはあくまで傾向ということで参考にしていただければと思います。

お手入れの第一歩は「クレンジング」です一日に何人もの毛穴の詰りを
目の当たりにすると、ご自分で良いと思って使用されているものでも、
「自分の肌に合わないものもある」ということをご理解ください。

最後に使用法と使用量についてオーソドックスなクリームクレンジングで
説明して見ましょう。
よく見かける80~100g位の量で1か月分と考えてください。
お手入れの良い方は多分20日程でなくなると思います。
人によってまちまちですが、1ヶ月程度と考えて使用すると大粒のサクランボ位が
1回の使用量で、それを顔のポイントに分けて置き、軽くなじませ円を描くように
汚れを包み込んでください。目の周りも力を入れずになじませ、
最後にティッシュまたはスポンジでこすらないように表面の汚れを取り除き、
ぬるま湯で充分すすいだ後、よく泡立てた洗顔を20秒ほど全体になじませすすぎます。
すすぎは流水でしっかりとおこない、軽くタオルで拭き取るというのが
理想的な洗顔法です。
ご自分の毎日の洗顔法はいかがでしたか?
これを毎日、メイクをしない日でも実施していただくと、くすみ、毛穴の詰まり、
カサツキはビックリするほど解決していきます。
とても大切なクレンジング、やはり自分の肌に合わせてお選びいただき、
トラブルのないお肌でいたいものですネ!

今日は近頃多かったトラブル相談の一番手近な回復法でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up