夏|特集―水虫|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0091 特集―水虫

NO.0091 特集―水虫

夏真っ盛りです。ギラギラという言葉がぴったりな夏の日差し、
いかがお過ごしですか?
流れる汗に爽快感を感じる方、疲れを感じる方、それぞれの体質により
夏の感じ方は大きく異なってきます。
出来ればさっそうと夏を乗り切りたいものですね。
そこで大切なのは、水分の摂りかたです。
汗、気持ちいい!という方は冷たいものをタップリとって
身体を冷やしても、あまり体調に関係なく過ごせるのですが、
汗をかいてフーと疲れを感じる方は、身体を冷やす飲み物や果物などは
摂り過ぎないようにし、飲み物は常温を中心に、冷たいものを摂るときは
ゆっくり含むように摂っていただいたほうが良いでしょう。
また、体質的にはいろいろあっても、夏は秋の夏バテに備え、
食欲を落とさないように注意して、水分の摂り方と
良質のタンパク質、ビタミンB群の補給を心がけてください。

さて、紫外線と汗と共に、夏つらいのは“水虫”と感じられる方も
結構いらっしゃると思います。
水虫=男性というのは、現代では古い考え!
今、男性はとても清潔で、汗とホコリと男くささは、ひと昔前の感覚で、
男性でもデオドラントから無駄毛処理まで気遣う時代です。
ですから、夏本番の水虫も男女問わず、つらい皮膚病ということになります。
しかも女性が多いフィットネスクラブやスーパー銭湯などの更衣室、脱衣室、
シーズン的にはプールサイドやその更衣室などは、
すべて感染注意の場所になります。

水虫は白癬菌というカビの一種が原因で起こる皮膚病で、
このカビはミカンやモチにつくカビと同じ種類のもので
体表面の皮膚角質を食べて成長していきます。
ちなみに感染した場所により、手足にできたものを水虫、
その他の部分に感染したものをタムシといい、区別しています。
今日は手足中心にお話しますが、白癬菌は湿り気があり、暖かく、
柔らかな場所につきます。
ですからできやすい場所は指の付け根や指の間になります。

種類としては、
小水疱型=足の裏や指にできた水泡が破れて皮がむける
趾 間 型=指の間にできて、水泡が破れ白くふやける
角 化 型=カカトの皮膚が厚くなってひび割れる
爪白癬型=ほおっておいた水虫が爪に感染し、爪の先から欠けていく
ほぼこの4つにわかれます。
小水疱型と趾間型は、かゆみが大変強く、
角化型と爪白癬型はほとんど感じない方が多いようです。

治療は白癬菌を確認して、適した薬剤を根気よく塗っていただくのがよいようです。
この際は必ず自己診断でなく病院に行かれたほうが良いでしょう。
よく似た症状で間違えやすいものもあり、かえって悪くする場合があります。
チェックとしては水虫が手だけに発症することはないということで、
足に出ていない場合は水虫とは異なる場合が多いようです。

生活面では弱酸性のボディシャンプーを使用し、よくすすぎ、
一度きちんと乾かしてから、適切な薬を使用するということ。
靴下は綿製のものが良く、清潔にする。
靴は会社などで履き替えられれば、ゆとりのあるものを使用し、
会社で許していただけるならば、サンダルのようなものの方が良いでしょう。
女性はストッキングの洗濯後、紫外線殺菌と靴の陰干しを心がけ、
同じ靴を続けて履くのは避けましょう。
足のペディキュアは爪によくないと思われがちですが、
マネキュア類には菌の繁殖を押さえる物質が含まれていますので、
カラーリングも安心して行ってください。

また、東洋医学の考えによると、水虫は「肝」のトラブルと扱われており、
肝臓との関係もありますので、お酒、タバコ、食べ過ぎには注意してください。

ご夫婦では確率的に二人とも感染するケースが多いので、
お互い気をつけて下さいね!
現在関係ある方もない方も、夏場のオシャレにとってはつらいトラブルですので
チェックしておいて下さいネ!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
=================================================================
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
___________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up