秋|季節のトラブル―“目のくま”の改善―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0338 季節のトラブル―“目のくま”の改善―

NO.0338 季節のトラブル―“目のくま”の改善―

すっかり秋らしくなり紅葉もそろそろ始まるのではないでしょうか。
そして今日は日本全国秋晴れマークのなんとも良い気候で、気分爽快です。

ということで今日は、以前「夏バテ」というテーマで勉強した、秋バテの
中の美容トラブル“目のくま”の改善について勉強してみましょう。

まず、「くま=隈」とは何か?
辞書を引くと影とか凹と書いてあり、目元が凹によって暗く見える
とあります。つまり、目の下の皮膚が影を作っているように黒く
見えることと考えていいと思います。

そしてこの“くま”には種類があります。
1)凹によるくま(顔の堀の深さや骨格によるもの)
2)色素沈着によるくま(茶系のくま)
3)酸素欠乏によるくま(青色系のくま)です。

1)は、思春期頃から骨格上の問題で、影となって凹が目立ってくる
タイプで、元々持つ顔立ちということで、いたしかたないものです。
2)は、目の周りの色素が肝斑状になり、“くま”に見えるものや、
本当に母斑(アザ)の場合もあります。
3)は、疲れやストレスによって目の周りの血行が悪くなり、
血液中の酸素欠乏が起こることで、本来キレイな赤色のヘモグロビンが
暗い赤色になり、薄い目の周りの皮膚から透けて見えることで赤黒く
見えるものです。

特に3)の“くま”は、現代人には男女問わず発生するものです。
10数年前に比べてもパソコンや携帯のメールなど、眼精疲労を
促進する作業が生活に深く関わりを持つようになっていますので、
注意が必要ですね!

さて次に東洋医学的に“くま”を見てみましょう。
難しい言葉で表してもわかりにくいので、簡単に説明させていただ
きますと、前回の豆知識で触れたように、東洋医学には“目の疲れ”
イコール“くま”とは考えません。全身的見方をしていきます。

全体を見た上で、代表的な“くま”の発生しやすい体質を説明しますと、
朝“くま”の目立つ、顔色のあまり良くないこのタイプは、目の下に
ふくらみがある人が多く、まぶたがむくみやすく、腫れぼったさを
持っています。体質的に脾の働きが低下するため、気(エネルギー)
不足タイプで、季節を問わず暖かいものを好む人が多く、声や表情
にも元気が無く、冷え性で腹痛や下痢、便秘を起こしやすく、特に
冬に弱く目まい、立ちくらみ、手足のだるさを感じやすいタイプです。

次に“くま”が夕方から夜に目立つタイプ。
顔色が色白またはクスミのあるこのタイプは、目の下が平坦で黒ずん
でいる人が多いようです。体質的には腎の働きが低下しやすく、
水の体内代謝が悪いタイプで、足腰が弱りやすく、冷えやすい人が
多く、耳鳴りや、耳が聞こえにくくなったり、下半身にだるさを感
じるタイプで頻尿、多尿、尿減少、残尿感等も起こりやすくなります。

そして“くま”がいつも発生していて、肌色が浅黒く見え、クスミが
あり、ツヤの無いタイプ。このタイプは血の流れに滞りが出やすく、
肩、腰、背中に凝りや痛みを感じ、生理痛やレバー状の出血が発生し
やすく、脚が冷えてのぼせやすく、唇や歯茎の色も悪い人が多い
タイプです。

この3タイプが“くま”の発生を東洋医学的に見た場合の代表的な
体質になります。“くま”の気になる方は、自分がどのタイプに
入るのか考えてみてください。

そして“くま”の改善方法ですが、体質が大きく関連していること
から、気(エネルギー)、血流、水分代謝を正常にして体質を改善
していくことが大きななポイントになります。

まず気(エネルギー)不足の朝“くま”の目立つタイプの人は、
胃腸の働きを高めていきましょう。そのためには、冷たいものを
控え、夜更かしは禁物、暴飲暴食も避けてください。

次に水の代謝の弱い夕方や夜に“くま”の目立つタイプは、
水分の摂りすぎをコントロールして、ストレスを溜め込まない
ようにし、ゆっくり入浴して発汗作用を高めましょう。

そして血の流れの滞りやすい、いつも“くま”の発生しやすい
タイプは、食生活の改善を心掛け、ファーストフードやスナック
菓子を控えて血流浄化を心掛けることです。やはり夜更かしは
禁物です。

このように、勉強をしていくと“くま”を改善していことが
体質の改善に結びつくことがお分かりになると思います。
“くま”の気になる方は、その改善を心がけることで体も
良いコンディションを維持できますので、頑張ってくださいね!

そしてやはり、目の周りは他の皮膚に比べてとても薄く、
デリケートな部分ですので、ケアも忘れずに行いましょう。
毎日アイクリームなどで保湿し、老化させないようにしませんと、
“くま”の出る目の周りは、シワにもなりやすい場所であることを
お忘れなくお手入れしてあげましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!??? http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up