秋|季節のトラブル―つっぱり感と乾き―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0342 季節のトラブル―つっぱり感と乾き―

NO.0342 季節のトラブル―つっぱり感と乾き―

秋から冬へ町中がすっかり変わっていきました。
クリスマスディスプレイが始まると、いよいよ冬だなァと感じますね!

さて今年は11月に入ってぐっと増えたトラブル“つっぱり感”と
“乾き”について勉強してみましょう。

以前にも何度かお話したことがあるので復習ということになりますが、
肌がつっぱる感じ、お分かりになりますか?
引きつった感じというか、皮膚表面がごわごわした感じで、なんとも
いえない不快感があります。この状態になると当然ファンデーションは、
うまく乗らなくなります。毛穴も目立ちファンデーションが毛穴に詰ま
った感じで、浮いて見えます。部分的にカサカサしてきたりもします。
女性にとっては、朝の自分作りのメイクタイムが最悪な状態に陥って
しまうわけです。

特に今年は、夏の暑さによる肌へのダメージは例年の倍以上と考えて
いなければならず、これは当然夏~秋、そして冬へと季節が移り変わる
とき、キチンと肌に合ったスキンケアをしていただいてきたかがポイ
ントになってくるわけです。

しかしもうすでに12月!この時期のつっぱり感は肌へのダメージが
とても大きく、一歩しくじると“肌荒れ”ではなく、“カブレ”を
引き起こしてしまうのです。これは肌にとってはかなりまずい状態で、
このカブレ状態の肌荒れから「アトピー肌です!」なんて診断されて
しまうこともあるのです。

それでは肌にとって最も悪い状態であるつっぱり感とは、どのような
過程を経て起こるのか?またその解消法について説明しましょう。

正常な状態の肌は、ハリ、潤い、弾力、血色が良く、皮膚の水分量も
赤ちゃんで80%ほど、20代で70~75%、30代で65~70
%くらいあり、細胞代謝も20代では30日くらい、30代で40日
ほどで、50代では60日くらいで行われています。そしてこのバラ
ンスは、正常な皮膚表面のバリア機能によって保たれているのです。

バリア機能とは、皮膚内部から分泌される水分と脂分が皮脂膜という
天然の保護膜を形成し、キメの整った角質を形成することで得られる
機能で、皮膚の表面がきちんと構成されていることで、外界の様々な
刺激物質から肌の内部をガードしてくれるものと考えてください。

ところがそのバリア機能が睡眠不足や偏食、ストレス、紫外線、
スキンケアのミス、化学物質などで低下、または損傷してしまうと、
刺激物質であるホコリやダニ、カビや細菌類、水道水中の塩素などが
皮膚内部に侵入してくることになります。そうすると肌は痒みや痛み
を感じ始め、敏感になってどんどん肌荒れを起こすことになるのです。

このような状態になると、肌は悪循環を起こしてしまうのですが、
今年は特に、この状態に陥ってしまっている方が多いのです。

しかしそれでも人の肌というものは、季節の変化に対応してくると
肌に力のある人は、自然にいつものスキンケアで何となく元に戻って
くるものなのですが、本当に自然に元に戻っているかというと、実は
ここでメラニン色素が沈着したり、シワが発生しているのです。

やはり肌のためには、皮膚のバリア機能を正常に保ち、乾燥しない
ようなケアをすることが絶対に大切ということになります。

そこで、肌荒れやつっぱりを感じたら、入浴時、クレンジングを
する前に天然のオイルを少したっぷりめに顔全体に延ばし、ラップ
で覆ってみてください。5分ほどでいいでしょう。
その後クレンジングをし、ティッシュで軽く押さえ、もう一度オイル
を延ばして入浴しましょう。10分ほどそのまま放置し入浴!
シャンプー、リンス、洗顔をしてお風呂から上がりましょう。

もちろんその後はたっぷりの化粧水やエッセンスを使用してください。
特に化粧水は手で包むようになじませ、二度づけしていただければ
効果的です。このオイル→クレンジング→オイルのケアを3日も続けて
いただければ、つっぱり感は解消し、かなりの潤いが出てくるはずです。

今年の冬のつっぱり感、老化の根本になる勢いがあります!
しっかりケアをし、冬本番に備えてくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ? http://www.mag2.com/???  ID:0000041844
melma!??? http://www.melma.com/???? ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up