夏|季節のお手入れ―クリームパック―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0374 季節のお手入れ―クリームパック―

NO.0374 季節のお手入れ―クリームパック―

今年の夏も暑いようですね!
今日テレビで、寝ている間でも熱中症になるという特集をしていましたが、
やはりひと昔前とは暑さが違うんですね!
とにかく水分を摂ること、そしてできれば塩分の入った水分を摂るといいと
いっていましたから、○○スェットとか、○○リアスなどのスポーツドリンク
系が良いのでしょう。今年は冷蔵庫に準備しておいた方がよさそうですね!

さて今回のお手入れは、前回「夏の老化」をお話しましたので、
その老化を防ぐお手入れを提案していきたいと思います。

そこで覚えておいていただきたいことは「夏の老化は、夏気づかない!」
ということです。実際に夏の間は、湿度で肌が潤っている感覚になり、
素肌感としては結構満足度が高く、化粧崩れや日焼けの方に気をとられて
しまう割りに手入れをサボってしまう方が多いようです。
皮膚の老化は本当に自分で気づかないうちに進行していきますので
やはり365日のホームケアを提案している私としては、手抜きが続くのは
とても心配です。
そこで、夏に注意していただきたい日常のポイントをいくつか挙げてみました。
1)ガラス越しの紫外線に気をつける!
2)さっぱりしたもの(そうめんや冷やし中華など)をとり過ぎない。
良質のタンパク質は夏バテや皮膚老化を防いでくれる。
3)夜更かしは毛穴を開かせる原因です。寝苦しい夜が続きますが、
できるだけ早く寝るようにしましょう。
4)汗をかいても乾いたタオルでこすり拭きしない!押さえ拭き、または
濡れたタオルで押さえると汗かぶれを起こしづらくなります。
5)入浴時はできるだけ湯船に入るように心がけ、体内から発汗させる
癖をつけましょう。秋バテ防止になります。
このあたりは日々気をつけてくださいね!

さてスキンケアに入ります。ここで頭に入れておかなければならないことは、
「発汗は肌を潤わせてはくれない!」ということです。しかも日焼け止めを
しっかり使用している肌は本当にカラカラ状態になっています。
そこで夏のお肌の回復作戦として、“お手持ちのナイトクリームでパック
して見ましょう!”という提案です。
夜のクリームまたは、朝晩使用するクリームの使用量は夏場とても少なく
なります。しかも、軽いタッチのクリームでも油分が含有されていますので、
置きっぱなしは、温度による変質や酸化の原因になり、肌に対して刺激に
なっているのに気づかず、秋使用される方が結構いらっしゃいます。
そこで、それらクリームを有効に使用し、冷房、汗、紫外線で疲れた肌に、
週一回のエネルギー補給をして見ましょう。

さて始める前に、汗だらだらでのクリームパックはつらいですので、熱帯夜の
ときは、さすがに冷房の効いたお部屋で行うようにしてください。

入浴後、化粧水をつけた状態でクリームをパール粒くらい、つるつるすべる量
のばしてそのまま10分、肌によってはラップを貼っておいても良いでしょう。
10分程したら少しだけクリームを足して外回りに軽くマッサージをします。
目の周りも力を入れず、目頭からこめかみにかけて3~5回引き上げてください。
1~2分で終了したら、タオルをお湯で絞りラップに包んでレンジで30秒!
ホットタオルを作ります。そのタオルで包むようにクリームをふき取ると、
紫外線や乾燥で肥厚した肌表面が、なめらかにしっとりと保湿され、その効果に
びっくりしますよ!そしてその上からタップリと化粧水を使用していただき、
エッセンス類を使用すると良いでしょう。

夏の肌は目元から老化しますのでアイクリームやナイトクリームはどんなに
暑くても毎日使用すること!もちろんいつもお話しする化粧水によるコットン
パックは、水分不足のベタベタ状態をすっきり回復させるのには大変効果が
ありますので、毎日5分間のケアにお勧めです。
パック時の化粧水をセレクトする際のお勧めは、色素、香料、界面活性剤、
アルコールを一切使用していない、まるで水のようで、ペロッとなめても
刺激がなくほのかに甘い、不思議な化粧水があります。
ちょっと宣伝になってしまいますが、某メーカー?のリプライローション
という化粧水!この化粧水はとにかく朝夕普通に使用するだけではピンと
こないのですが、コットンに含ませ、薄く剥がして5~7分湿布をしていた
だくと、肌の力がアップしてくるのが実感できますよ!
化粧水パックに使用する製品選びに迷っている方は、ちょっと頭に入れて
おいてくださいね!

今回は使用量の少なくなった夏場のクリームを利用したクリームパックと
おなじみのローション湿布で夏の光老化と汗に立ちむかうお話でした!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up