冬|豆知識―食品の安全性について―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0302 豆知識―食品の安全性について―

NO.0302 豆知識―食品の安全性について―

お正月気分もようやく落ち着きましたね!
今年は暖冬のようで、我が家辺りでもキリッと霜の降りる朝は
まだ2回くらいしかありません。
ちょうど状況的には、地球環境についての警告が社会問題化されている
折でもあり、近年の暖冬はやはりちょっと不安になりますね。

さて今回の豆知識は、地球環境にも関係する食品の安全性について
少し勉強してみましょう。
私共の会社では、月2回、社員が担当して朝の勉強会を実施しています。
今回の担当者は、カウンセラー暦10数年の美容社員!
先ず一枚の用紙に、使用されている添加物及び、食材が書かれた物が渡され、
この添加物と食材で、何が作られているかというクイズ形式で始まりました。

実際に出題された問題を例に挙げてみますと、
1)白身魚、赤味肉、鳥皮、塩、リン酸ナトリウム、強化小麦粉、パン種、
スパイス、ホエー(乳精水溶液)、デキストリン(糊料)、化学調味料、
着色料、植物性ショートニング、カロチン色素、クチナシ色
2)牛、豚、馬、めん牛、山羊などの横隔膜の切り落としやくず肉、脱脂大豆、
アルギン酸ナトリウム、カゼイン(湖料)、色素としてムラサキトウモロコシ、
パプリカ、その他70種の添加物含有
3)チコリーの根、リン塩酸、酢酸ベンジル、ジメチルチオエーテル、
β-ナフトールエチルエーテル(合成香料)
というような問題なのですが、さて、いったいなんの原料なのでしょうか?

1)2)はまったくそのまま、3)は添加物抜粋です。
お解かりになりましたか?
答えは、1)がファーストフードの人気メニューである、チキンナゲット!
通常のナゲットは、鶏のムネ肉が使用されているわけですが。
このナゲットは、チキンナゲットといえるのでしょうか?
2)は、有名ファーストフードのハンバーガーのパティです。
3)は、この他にコーヒー豆が入り、ファミレスのおかわり自由コーヒーに
なるのです。一般のコーヒー豆から通常の3倍弱のコーヒーを抽出する
ための添加物ということです。
改めて確認してみるといかがでしょうか?

ハンバーガーパティに関しては、「スーパーサイズ・ミー」という、
2年ほど前の映画にもありましたが、この映画は、モーガン・スパーロック
監督が自ら1ヶ月間、1日三食、大手チェーンのハンバーガーを食べ続ける
という、米国のドキュメンタリー映画でした。
健康体のモーガン氏は、5日間で4.2kg体重が増え、総コレスレテロールは
168から225に上がりました。
そのうち、食べると吐くようになり、中毒症状と診断され「このままでは
死亡する」とまで警告をうけた映画でした。
当時も改めて考えさせられる例は、山ほどありました。

しかも、最後に食品添加物、AF2(トフロン・1965年認可、1974年使用禁止
された合成殺菌料)の発がん性データーでは、カイコを使った動物実験において、
一代目、二代目はなんの影響も出なかったのに、三代目に奇形が発生した例が
挙げられました。
これを考えますと、今の20代~30代の方々の子供にどのような影響が
出るのかが大変心配です。AFは魚肉のハム、ソーセージ、麺類、豆腐にも
使われていたそうです。
なんともせつない勉強会でしたが、今日勉強した方も含めて、いつも私が
お話しする日本人の食生活に戻りましょう。
毎日摂るものは出来るだけ成分表示をチェックして、神経質にならない程度で
よいので、化学調味料の味とは違うおいしさを認識してみましょう。
幸い、人間の身体には自然な解毒作用があり、気をつけている方には
それなりの自然治癒力が出てきます。毎日の食生活とストレス、
生活のリズムのチェックをして、何歳になっても健康であるための努力を
すると共に、自分の子や孫のためにも注意をしていきたいものですね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

◎淳子先生の『お肌の学校』のバックナンバー
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000041844/

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up