冬|季節のトラブル―毛穴について―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0349 季節のトラブル―毛穴について―

NO.0349 季節のトラブル―毛穴について―

“雪が降る~”といわれて何日も経ちました!
そしてついに東京に積雪!!
私は北国育ちのせいか雪が降るとウキウキしてしまい、
いつも周りのヒンシュクを買ってしまいます。
しかし私の自宅近郊ではまったく雪が降らずガッカリ!
どう考えても東京より1~2度は寒いはずなのに不思議です。
でも雪に弱い東京も、今回は午後から雨になったので大事にはならず
良かったですね!

さて今日のトラブルはインナードライに結びつく“毛穴”について
勉強してみましょう。何しろこの乾燥と寒さではキメの細かい肌質の方なら
若い方でも洗顔後のツッパリ感を感じる方が多いと思います。
そしてこんなとき、なぜか“毛穴”が目につくと感じたことありませんか?
洗顔後とファンデーションをつけたとき等、冬は特に毛穴が気になります!

“毛穴”とは生物の皮膚に存在する小さな孔と辞書にあります。
役割は体内から体外への放出!皮膚呼吸と皮脂分泌が代表的ですね。
そして、毛穴は顔だけでも20万個あるといわれていますので、
体にとってはとても大切な役割を担っているのです。

そんな毛穴ですが、女性にとってはトラブルのシグナル的要素を持っています。
まず“毛穴が詰まる”とニキビになります。これはニキビや成人型ニキビで
よくお話しますのでお解かりになると思います。
次に“毛穴が開く”とどうなるのでしょうか?
毛穴の開きには以下の3つのタイプがあるのです。
1)皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まり、ザラザラとした厚みが出るタイプ。
2)やはり皮脂分泌が過剰で、凸凹がかなりあり、ザラツキも感じられるが、
テラテラ光るほどの皮脂で水分が足りないタイプ。このタイプはひどくなると
湿疹が発生する。
3)涙型毛穴といわれる、毛穴が横に流れるタイプ。

1)の場合、毛穴は開いてもかなり肌の丈夫な脂性肌で、10~18歳
くらいにニキビの発生などもあり、毛穴が盛り上がって詰まってしまう
タイプです。ターンオーバーを正常にするきちんとしたスキンケアで
かなり回復できる肌です。
2)は、汗の出ない脂漏性という、水分と油分のバランスが悪いタイプで、
このタイプは痒みやカサカサを起こしやすく敏感肌に分類されます。
湿疹を起こすとかなり回復が難しく、肌質を回復させるスキンケアコスメを
探すのがとても難しいタイプです。
間違っても皮膚科で手っ取り早く回復しようと考えないでほしいタイプです。
かなりの割合で、回復力を低下させてしまうケースが多いトラブルです。
3)は、皮膚の張りや弾力が毛穴の開きに伴って低下し、代謝も弱くなっていく
老化現象で、鼻筋の両脇がまず気になってきます。刺激物(辛い物やタバコ等)
を摂取することで、若い方の涙型毛穴の原因になります。
40代後半以降の方は、刺激物にストレスや手入れ不足が加わることにより、
タルミやシワが目立つようになってきます。

今回はこれらの3つの中でも、特に3)のタイプについて、もうひとつ
アドバイスを加えさせていただきましょう。
実は女性の毛穴が横に流れてくる原因には、手入れ不足と手入れのし過ぎの
両方があるということ、大切なポイントですので覚えておきましょう。
そして、そのようなトラブルが発生したとき、原因はどちらかを把握し
対応してください。

手入れ不足タイプで涙型毛穴が目立ってきたときのケアとしては、
まずダブル洗顔を毎日行っているかを確認し、化粧水、エッセンスは、
2度ずつ使用していただきたいところです。
できれば化粧水でのコットン湿布やエッセンスマスクなどをまめに実施する
ことで、毛穴を戻していきましょう。

そして涙型毛穴の開きが、手入れのし過ぎが原因と思われたときは、
こすり過ぎに注意し、コットン、ティッシュ、ファンデのパフなどで
日常的に皮膚に刺激を与えていないかどうか考えてみましょう。
洗顔による洗い過ぎ、こすり過ぎも同様です。思い当たったらすぐに
注意するようにしましょう。けっこう習慣になっている場合がありますので
ご自分で意識しながらケアを行ってください。
その他ピーリングやスクラブなど意図的手入れを実施して、肌が着いて
いけなかったタイプも入ります。

今回は特に肌老化に伴う、涙型毛穴をクローズアップしましたが、
このタイプは上手な手入れによってかなりの回復が可能ですので、
あきらめず肌に合ったスキンケアを心掛けてください。
そして最後に、毛穴の開きには寝不足と便秘は回復の妨げになりますので、
気をつけること!がんばりましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
   ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
            お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
       お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

◎淳子先生の『お肌の学校』
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000041844/index.html

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up