春|季節のトラブル―原因を考える―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0461 季節のトラブル―原因を考える―

NO.0461 季節のトラブル―原因を考える―

夏日で29℃にも気温が上がった次の日、10℃も気温が下がりました。
これでは肌も体調も本当にバランスをとるのが難しいですね。
しかも今年は何だか風が強い日が多い感じがします。風は肌に対して
とても悪影響になりますので、アレルギーがやっと治まってきた肌には
大変強い刺激を感じてしまうと思います。
今回は本題に入る前にちょっと注意をさせていただきますが、近頃手軽に
出来るホームエステの色々な器具で肌を荒らしてしまう方が多く、相談の
方が増えていますので、ホームエステはご自分の肌と相談して適切に
行なうよう注意してくださいね!

さて、今回は一般的に“内臓の鏡”などといわれている肌に対して、
「本当?」という疑問に答えられるような勉強をしてみましょう。

今日まで色々なトラブルを紹介してきましたが、どのようなトラブルで
あってもお肌のトラブルというものはとても憂鬱なものです。
トラブルが発生して気になり始めたり、人に指摘されたりすると、何とか
回復させようと、思いつくありとあらゆる方法を試す方が多いのですが、
そんな時、本当にこの方法でトラブルが良くなるのか、ほとんどの方は
考える余裕を持ち合わせていません。ここで大切なことは、なぜトラブルが
発生したのかをしっかり理解しない限りは、目先のトラブルに振り回されて
失敗してしまうことが多いということです。簡単に考えると、20歳を過ぎて
発生したトラブルは、スキンケアだけではキレイにならないということです。

人の肌には肌質というものがあり、乾性肌の人はシミやシワやくすみの
トラブルで悩み、脂性肌の人は毛穴やニキビで悩みます。例えば20歳を
過ぎて発生した“成人型ニキビ”というトラブルは、乾性肌の人にできた
脂性のトラブルということになりますので、単純な脂性肌の回復法や
ニキビの回復法ではシミやシワの原因になってしまうということです。
そして全体的なトラブルの中で、特に目立つ部分が内臓やホルモンや神経
などの身体的な原因を教えてくれているというところが大切なのです。

これは東洋医学的な考え方に基づきますが、それをしっかり見定めることが
回復へのキーポイントになります。
そこで今日は簡単に、私の今までの経験と東洋医学、望診学の考え方を
結びつけ、顔全体を大きく3つに分けて判断する見方をお話しましょう。

顔を1)額、2)眉から鼻、3)鼻の下からフェイスラインに3分割します。
1)額⇒神経ストレスからトラブルを発生する部位
2)眉から鼻⇒全体に内臓が関係している部位
3)鼻の下からフェイスライン⇒婦人科系、ホルモンバランス、疲労が関係
している部位と見定めます。先ほどお話したように、そのそれぞれの部位に
乾性肌の方はシミ、成人型ニキビの方は丘疹、脂性肌の方は毛穴の開きや
ニキビが発生するということです。

例えば小学生~高校生の年齢のお子さんの額に大小のニキビが目立つ場合は、
寝不足、目の疲れ、ストレス、勉強またはゲームなど神経を使っている
状況と考えられます。ケアとしては早く寝ること、リラックスすること、
ゲームやパソコンを控えること、食事のバランスを整えることをアドバ
イスし、ニキビの発生していないキメの細かい部分にはニキビ用の
ケアではなく、肌のバランスを整えるケアをお勧めします。

フェイスラインに成人型ニキビが発生していたら、生理不順、ストレス、
冷えのアドバイスをして体を温めることと、便秘の注意をします。
夏の終わりであれば身体を冷やすことでなおさら耳の下辺りにニキビが
出やすくなります。

目の下にシミがある人は、妊娠、出産後や子宮系のトラブルである場合が
あるのでそのあたりのアドバイスします。

鼻の下にシミがある場合は生理不順や冷え性のアドバイス、鼻にニキビが
出やすくなったら胃の疲れや便秘、潰瘍を心配します。鼻の両脇の毛穴が
開いていたら解毒作用が弱っているため飲酒やタバコを控えてもらいます。

眉と眉の間にニキビが発生したら体力が低下して慢性疲労の状態と
お話します。

ほんの一例ですが、このように肌のトラブルと体の状態はしっかり関連付け
られ、まさに“内臓の鏡”だったのです。トラブル回復には、まず体内バラ
ンスを良くするために、食事のバランス、睡眠、便通、リラックスを考えて
生活してください。そして正しいスキンケアがしっかり整っていれば、必ず
自分の元々持っている肌に近づいていきます。まずは自分の体質、肌質を
しっかり教えてくれるお店を探しましょう。そして、肌にトラブルが出ると
いうことは、それだけ肌に力があり、体質的弱点を教えてくれているという
ことを知りましょう!肌にトラブルのまったく出ないタイプで、生活や食事が
ひどい方は、内臓に疾患が出やすくなっている場合が多いのでかえって注意が
必要です。トラブルの出やすい人は、肌がシグナルを送ってくれているという
発想を持ち、前向きに回復コースに取り組んでください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up