秋|豆知識―韓国コスメ―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0526 豆知識―韓国コスメ―

NO.0526 豆知識―韓国コスメ―

やっと秋も深まってまいりました。
“寒いなァー”と先日名古屋出張時に感じましたが、その日は関東地方も
かなり気温が低かったようです。名古屋はその日の夕方から北風が吹き、
今年一番の寒さだったようです。といっても、私は寒さが嫌いではないので、
早く冬にならないかと待ち遠しい状態で、冬の到来を楽しみにしています。

話は変わりますが私の回りでは今まさに韓国ブーム!グンちゃんに夢中の
人や韓国ドラマにはまっている人がたくさんいます。私個人的には一度も
韓国ドラマを見たことがありませんが、なぜか生“コーヒープリンス一号店”
に行ったことがあります。たくさんの日本人がそのお店でうっとりして
お土産を買い込んでいる姿に、圧倒されました。私としてはドラマは見た
ことがありませんが、ファンの人は「うらやましー!」といってくれますので、
ちょっと自慢です!とにかくすごさを感じるほどのブームで、身近でも
新大久保ツアーや韓国スターのコンサートなど、すごい状態です!

このブームは、肌のキレイな韓国スターの方が多いということでコスメにも
押し寄せてきています。BBクリームが大ブームになったのは記憶に新しい
ところですね!そこで今回は、韓国コスメについて少し勉強してみましょう。
例えばBBクリームってカワイイネーミングですが、“Blemish
Balm Cream”の略で“欠点”や“汚点”をカバーする軟膏、香油
という意味だと知っていましたか?成分を見ても液状コンシーラー的なもので、
一昔前のカバーメイク的なものですが、韓国ブームの波に乗って大ブームと
なりました。ベースメイクもいらず、化粧水、乳液くらいですぐにBBクリ
ームという使い方!お手入れの苦手な方は、すぐに乗ってしまいますね!
ところがどう見てもBBクリームはしっかりダブル洗顔、特にクレンジングの
必要性が感じられます。もしもクレンジングをさぼってしまったり、クレン
ジングとソープの一体型のようなタイプをご使用の方は、油ヤケや毛穴の詰ま
りが起こって当たり前と考えていただいてよいと思います。噂によると韓国
では、BBのしっかりメイクは下火だそうですよ。

さて、韓国のスキンケア商品を少し勉強してみると、2008年に全成分
表示が施行され、日本と同じになりました。原料の配合は、ネガティブ
システムの導入ということで、配合してよい成分の配合上限が自己責任の
下、自由に配合できるということがわかりました。そして機能性化粧品
(日本でいう医薬部外品)の申請許可書類がシンプルになったそうです。
主流になる成分は韓方(ハンバン)成分!これは中国の漢方、日本でいう
民間生薬と同じタイプの天然成分です。近頃はカタツムリ成分やキャビア、
再生医療の幹細胞技術を応用したアンチエイジングや発酵コスメなどが
ブームだそうですが、やはり韓方成分である高麗人参や五味子、地黄などが
含まれたコスメは王道のようです。その他天然鉱物由来のダイヤモンド、
翡翠、金などを配剤したコスメもあります。

日本ではまだ聞いたことがありませんが、シンエイク(蛇毒様成分)もあり、
塗るボトックスという異名があるそうです。韓国女性はシーズンの洋服を
買うよりも素肌美のためにコスメをしっかり使う方が多いという話をよく
聞きます。そして、美容にかける時間も日本の女性の倍という話を聞いた
ことがあります。さらに美容整形大国と呼ばれ、気になるお顔のパーツを
整形する方がとても多いということもよく聞きますね!美に対する意識の違い、
コスメ成分の違いにはびっくりさせられるものもありますが、大切なのは
皮膚管理(ピプカムリ)という言葉です。“自分の皮膚管理はしっかり自分で
しよう!”という考え方がかなり若い頃からあるということ!韓国コスメを
勉強してみると、全てが賛成というわけではありませんが、毎日のスキン
ケアをしっかり行い、徹底した紫外線対策をしているという事実があります。
やはり日本女性も自分の肌の管理をきちんとして、老化や肌トラブルを気に
しない美肌づくりをして欲しいものです。

付け加えますと、韓国では現在日本でブームの多機能クリーム類は、“手間を
かけずにはキレイになれない”という考え方と、“多機能は一つ一つの効果が
弱い”という理由でブームにならなかったそうです。これは私も賛成です。
さすがに韓国女性は一本芯が通っていると痛感させられました。日本女性も
日本人に合ったスキンケアをしっかりとマスターしましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up