冬|季節のトラブル―インナードライと皮膚老化―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0493 季節のトラブル―インナードライと皮膚老化―

NO.0493 季節のトラブル―インナードライと皮膚老化―

きりりっと寒い日が続きます。私の周りでもインフルエンザを発症した
人が何人かいますが、こればかりは正直うがい、手洗い、マスクなど、
小さな努力と体力、運だけしか頼るものが無いのが実情ですので、睡眠を
しっかりとり、予防を心掛けてください!

インフルエンザもですが、今年は花粉もすごいようなので、体力とメンタル
面は、ここでも物をいいます!実際に、花粉症は60歳くらいまでは誰に
起こっても不思議ではないアレルギーで、一度発症するとかなりの年齢に
ならないと治まらず、大なり小なりの感作状態を起こしてしまいます。
今から気をつけても間に合いませんが、注意すべきところは注意していき
ましょう。ただ、ひとつ皆さんに心掛けていただきたいことは体を冷やさ
ないこと!これだけは忘れずに注意していただきたいと思います。

さて今回は、寒い冬に肌を老化させない対応をしていただかなければなり
ませんので、インナードライと皮膚の老化について勉強しましょう。
皮膚の老化といっても年齢の若い方はピンと来ないかもしれませんが、
口をすっぱくしてお伝えしているように実際の年齢と皮膚年齢は関係あり
ません。残念ながら20歳を過ぎたころから皮膚と年齢の比例は、あまり
関係なくなってしまいます。これは、初潮年齢の低下と関係してきます。
初潮の年齢が早いということは、当然ですが体の成長もそれに伴い早い
ということで、体も皮膚もひと昔前よりもそのピークが若年齢化している
と考えてよいのです。さらに若年齢層のメイクアップによるケア不足の
ための老化もこれから問題になってくると考えられます。

近年のコスメ事情は、多くのメーカーが入り乱れ、情報も交錯し、自分の
肌をしっかり理解せずにケアをしている方が多くいらっしゃいます。
そんな中、トラブルのない方ほど適当にコスメを使用する方が多いのも
うなずけるところです。ただ、ポイントはニキビや吹き出物のない人ほど
シワやシミになりやすい!もっと詳しくいうと、キメの細かい人ほど
法令線などの表情ジワが深く入りやすいと考えてよいのです。
そこで今年の冬ですが、“いつもより乾燥がきつい!”と感じている方
多いのではないでしょうか?私も通勤電車の中で車内の女性の肌がとても
目に付きます。今年は口の周りからホホにかけてカサカサと皮膚の表面が
細かく剥けている方が多いようです。そして脂浮きしているのにカサついて
いる方も多いようです。これは天気やホルモンのバランス、睡眠などに
よって、同じように毎日ケアしていても悪くなったり、良くなったり
しているのです。皆さんはこれを化粧の“乗り”といっていますね!

ここで大切なのは、“荒れない肌になる”ということです。いつもお話
しているように、“365日のホームケア!”これが一番大切なことです。
できることならば、日本中の女性がキレイでいてくれるのが私の理想なの
ですが、特にトラブルの方はしっかりケアをすれば必ず結果が出ます。
“すべて適当に”を“上手に適当に”にすることが美しく年齢を重ねること
になるのです。どんなにステキでスタイルが良く、お洋服のセンスが良く
てもお肌と髪は正直です。ご自分が40歳になったら、50歳になったら、
60歳になったらなどと考えたことがありますか?私は考えた事がありま
せんでしたから、おそらくほとんどの方はないと思います。私自身が20代
のころより今の方が肌荒れしなくなり、冬になっても困らないということを
実感していますので、日々のケアの大切さを強くいうのです。私が20代の
頃の肌は、かぶれやすく手入れをするとニキビが悪化したり、皮膚の表面が
カサカサでメイクがのらなかったり、我ながら当時のケアを反省しています。
ですから個人的にもスキンケアの苦手な方の気持ちがとてもよく理解できる
のですが、スキンケアが侮れないということも十分に感じているのです。

それではその侮れないケアを紹介しましょう。
先ず現在カサついて困っている方は、良質なオイル(添加物の入っていない
もので、香りのないもののほうが良い)を用意してください。それからオイ
ルクレンジングをお使いの方はクリームクレンジングに変えて下さい。
オイルとクリームクレンジングの用意ができましたら3日間続けて実施して
いただきたいケアを紹介します。

夜入浴前、メイクをしている肌にオイルを少し多めに乗せ、全体に延ばした
上にクレンジングクリームを少したっぷりめに重ねます。全体になじませま
したらティッシュで押さえて化粧水を含ませたコットンでやさしく拭き取り
ます。そして、もう一度オイルを乗せ、指に力を入れないように延ばします。
外側に向けて1分ぐらい指を滑らせましたら、再度クレンジングクリームを
重ねて入浴してください。5分ほど温まったらすすいでソープ洗顔です。
入浴後はすぐにお手持ちの化粧水をつけて、先ほどのオイルを少量化粧水と
なじませるようにつけます。もちろんローション湿布をされる方は実施して
いただき、エッセンスやクリームをつけてお休みください。朝も洗顔後すぐに
化粧水をつけて、少量のオイルを化粧水となじませるようにをつけてから
次のコスメに移ってください。メイクの着きが変わりますよ!皮膚表面の
水分が減少していくと脂浮きしてくるのにツッパリ感が出ます。できるだけ
化粧水をたっぷり使用するのは冬に限ったことではありませんが、とても
大切なケアです。皮膚年齢若返りのため、一番つらい冬はオイル~クレンジ
ングのスキンケアを是非試してくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up