秋|季節のお手入れー老化を防ぐ秋冬のお手入れー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0754 季節のお手入れー老化を防ぐ秋冬のお手入れー

NO.0754 季節のお手入れー老化を防ぐ秋冬のお手入れー

立冬も過ぎ今日は北風を感じる日になっています。木枯らし1号が発生する可
能性ありと朝の天気予報で言っていました。寒さを急に感じるような話ですね!
今年は秋をあまり感じずに冬になってしまった印象です!こういう秋冬は紅葉
は短くともきっと鮮明だと思います。

今日はアロマの第一人者である浅井隆彦先生のセミナーを受けました。本当に
勉強不足の私が唯一参加するセミナーが浅井先生のセミナーなので毎年楽しみ
にしています。今日はまず、日本で一番の美肌県はどこでしょう?というお話
から入られました。日本で一番の美肌県は山形ということで、高温多湿と日照
時間の短さが条件だそうです。ちなみにケンミンショーでもいわれていますが、
私の住んでいる茨城県はワーストだそうです。確かに湿度が低く“つくばおろ
し”という空っ風が吹くので、風が強い地区になるのです。そうなると群馬の
“赤城おろし”も有名ですからやはりワースト争いでしょうか?湿度が美肌を
生むとするとファンヒーターやエアコンは最大の敵ということになりますね!

それでは夏と冬の気になるトラブルとは何でしょうか!
・夏は、毛穴、シミ、そばかす、オイリー、くすみ、タルミが気になります。
・冬は、シミ、そばかす、くすみ、乾燥、シワ、クマが気になります。
同じ肌なのにトラブルが違ってくるのが季節感なのですね!これらのトラブル
が夏と冬とでとても気になりだしたら、それは肌に老化を感じているというこ
となのです。冬は特に老化を感じやすくなると考えていただいて良いでしょう。
確かに湿度がなくなりますと、手のシワがとても気になり始めます。ハンドク
リームをつけたくなるのは手が荒れているだけではなく、シワシワした感じが
目立つからなのですね!そんなカサカサが気になる冬の手入れは、肌にとって
とても大切です。“ゆらぐ”という言葉がありますが、“ゆらがない”肌をつ
くることが本来はとても大切なのです。

そこで今回は、“老化させない”“老化を感じさせない”肌づくり!冬のお手
入れを勉強してみましょう。まずはスキンケアに対して久しぶりにチェックを
してみます!
・毎日夜はクレンジングをしている。
・もちろんクレンジングの後は洗顔をする。
・洗顔後、化粧水→乳液またはクリームをつける。
・メークを毎日する。
・マッサージやパックを週に一回ほどする。
この5つの質問中、二つ以上チェックが入っていないと40代に入り、老化を
とても感じるようになります。老化というのは、不思議に自分ではあまり感じ
ないようにするもので、鏡などで確認していても、気になるところはなるべく
見ないようにしてしまうものなのです。実際にこの5つの質問のうち、二つ以
上さぼっていたら、キメの細かい肌質の方は特に肌老化が進むと思ってくださ
い。この中で“マッサージやパックを週に1回する!”というのは、していな
い方もいらっしゃると思いますが、他の4つは一つもさぼれないスキンケアな
のです。そこで今回は基本の手入れをした上で、以前にもお話したちょっぴり
贅沢なナイトクリームパックのお話しをしましょう。

「今日は肌力をアップさせるお手入れをしてみよう!」と思うとき、いつもの
ダブル洗顔の後、すぐに化粧水をつけるのを忘れず、少しお手入れに力を入れ
たいのでアルコールフリーの化粧水を持っていたらクリームパックの前に化粧
水をコットンに含ませ薄く剥がして湿布をしてみてください。5~7分です。
そして改めて化粧水やエッセンスをつけた後、いつもの3倍ほどのクリームを
やさしく肌に乗せるようにお顔全体に塗布します。目の周りや頬は少し多めに
重ねてください。コツとしては、化粧水やエッセンスをお顔になじませて、し
っかり入れてからクリームをつけるのがパック効果を引き出します。お時間は
10分!10分くらい経ちましたらクリームの状態を見てください。乾燥して
いると表面にあまり残っていないときもあります。湿度がありますとクリーム
はしっかり残っています。残っていたら目の周りなどを軽く指圧しながら余分
なクリームを手で包むように延ばしていきます。首まで延ばせると思います。
これで終了!簡単にできますね!

秋冬、このナイトクリームパックはすぐに出来る肌力アップの簡単お手入れで
すから是非お試しください。私も今日はナイトクリームパックをしています!
しっとりとコクのある肌質になりますので是非活用して実施してみてください
ね!

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up