秋|豆知識ー食の安全と日本人の食事ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0708 豆知識ー食の安全と日本人の食事ー

NO.0708 豆知識ー食の安全と日本人の食事ー

先日北海道へセミナーで行ってまいりました。北海道は何度も訪れているので
すが、なぜか雪の降っている時期に行っていたようで、雪のない札幌や旭川は
何とも不思議な感じがしました。ただ、雪のない雪まつり会場の大通公園も、
とてもきれいでしたよ!北海道で食べる食材は何だかとても新鮮でおいしいと
感じる方は多いと思いますが、これは気候も関係しているのかもしれません。
50年前はお米がとてもパサパサで「内地のコメは美味しいよね!」なんて親
戚の人たちが話しているのを聞いていましたが、今はお米も“ゆめぴかり”な
んてかわいい名前の美味しいお米ができるようになって、本当に食に関しては
王国のような感じです!

さて、今回はつい先日まで大きな話題になっていましたTPPと食の安全につ
いて勉強してみましょう。TPPとは、環太平洋戦略的経済連携協定といい、
2006年にシンガポール、ニュージーランド、ブルネイ、チリの4か国で経
済連携協定を結びP4と呼ばれていたのですが、2009年に米国が参加表明
をしてオーストラリア、ペルー、ベトナムと次々に参加し、マレーシアの参加
で9か国になり、2013年に安倍首相が日本のTPP参加を表明しました。
食の部分だけのメリットを引用すると、
・関税の撤廃により、肉、野菜、果物、乳製品などの輸入食品が安くなる。
・関税の引き下げにより貿易の自由化が進み、日本製品の輸出が増大する。
それではTPPのデメリットは、
・海外の安価な商品が流通することにより、デフレを引き起こす可能性がある。
・関税の撤廃により米国などから安い農作物が流入し、日本の農業にダメージ
が大きい。
・牛海綿状脳症(BSE)の規制緩和!
・食品添加物、遺伝子組み換え食品、残留農薬など、規制緩和により食の安全
性が危うい。
わかりやすく、簡単に理解すると輸入食品が安くなるようです。そのかわり、
様々なルールが緩和され、日本の農家は大変になりそうです。また、収穫後に
ポストハーベスト処理された農作物が今までより簡単に輸入されるようになり
ます。ポストハーベストとは収穫後の農産物に殺菌剤や防かび剤などの農薬を
使用することで、日本では禁止されていますが、ポストハーベストすることに
より、品質の低下を防ぎ無駄をなくす!食中毒の防止などが目的としてあげら
れます。

いかがでしょうか?食品が安くなるというメリットの反面、様々な問題が浮き
彫りになってきます。ポストハーベスト食品には小麦、大豆、オレンジ、レモ
ン、バナナ、ジャガイモ、ナッツ、サクランボ、トウモロコシなどが挙げられ
ます。よくわかるのはオレンジ、レモンなどのPOPに防かび剤使用OPP、
TBZ、2.4-Dというような表示を見たことがあると思います。この中でも
2.4-Dという農薬は、私たちも聞いたことがあるベトナム戦争で使用された
“枯葉剤”と同様の成分なのです。ダイオキシン類が混入され、奇形やマラチ
オンなどの環境ホルモン作用で、精子数を減少させるという人体への悪影響が
懸念されます。それでも小さなことかもしれませんがトランス脂肪酸で問題に
なったマーガリン(ショートニング)の件があったように、TPPでバーター
が安く輸入されるようになればバター不足の問題が解決できるかもしれません。
要するに良いことがある反面、大きなデメリットも起こってくるということで
す。

ここで考えてみましょう。現代の日本では体調のすぐれない人、自律神経のバ
ランスを崩している人、もちろん皮膚トラブルもそうですが、本来の日本人の
体質に合わない食品が多くなっていることが、多少なりとも原因になっている
と思います。いかがでしょうか?私も美味しいものは大好きですが、日本人の
体質を考えると現在の美味しいものは本来の日本人の体質に合わないのではな
いか?と考えるのです。“おばあちゃんのつくる食事”を考えてみてください。
本当のおばあちゃんの食事を知っている人も限られてきましたが、小さい時に
あまり美味しいと思わなかった煮物や煮魚、旬の和え物やお浸し、特別な時の
お赤飯や炊き込みご飯等…。このような食事を小さい時に食べていた人は30
歳も超えるとだんだんそのような食事が好きになってきます。チョコや生クリ
ームよりも“あんこ”ものが欲しくなります。そうやって日本人は本来の体質
に合った食事を目で見て、味わって覚えているのだと思います。どんな状況で
もまず自分の体のために、家族の体のために良い食材を選ぶという努力は必要
ですね!日本の農家の方の努力を無駄にしないようにみんなが考えれば外食は
仕方ないとしても、自宅の食生活はしっかりした考え方を持つようにしましょ
う!長い年月でその努力はしっかり身についてくるものなのです!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
   http://www.cher-couleur.com/mail_magazine/
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop_info/
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『お肌の学校』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up