夏|特集ー毛穴とキメ|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0143 特集ー毛穴とキメ

NO.0143 特集ー毛穴とキメ

夏休みも終わろうとしているこの頃ですが、真夏日が続き、これが夏だ!
と、改めて感じている方も多いと思います。

そんな中、最近、私共を喜ばせてくれていることがあります。
それは、私共のお客様の、紫外線対策の上手さと、この季節にスキンケアを
きちんとして、シミを回復する方向性に、目に見える効果を出している方が
多いということです。
長い間この仕事を担当して、口をすっぱくお話ししていたことを、結果として
出し、喜んでくださる方が多いのは、手前味噌ですが嬉しい限りです。

私の場合、普段は美容関係、もしくは薬の専門家の方に講習するケースが
圧倒的に多いのですが、先日、お店様主催でお客様(ご愛用者の方々)への
講習の場があり、1時間ほどお話しさせていただきましたら、
お一人の50代後半の方が、「私は、この化粧品に出会えて本当に幸せ」と、
いってくださいました。その方の肌は50代後半にはとても見えず、
正しいスキンケアの実施効果だと痛感いたしました。

その方は10年来のご使用だそうですが、その他にも出席していただいた方の
中に、私がよく存じ上げているお客様が何名か来られ、成人型ニキビだった方、
アトピーで悩んでいた方などがとてもキレイになっていらっしゃいました。

この仕事を続けていて「良かった!」と思うときは、ひどいトラブルで悩んでいた
頃を担当させていただき、間を開けても、なを続けてくださり、きちんと結果を
出してくれていることを知ったときではないでしょうか?

今回のお客様のお肌を以前から拝見していて思ったのですが、スキンケアを
きちんとしている方は、一目瞭然皮膚のオーラが違います。
そして、それを分析してみますと、毛穴がしまり、透明感が出ていると
いうことになるようです。

そのキレイに見える、「毛穴がしまる」ということはどういうことなのか、
前置きが長くなりましたが、今回は毛穴ということについて少しお話しして
みましょう。

毛穴、そこはキメが細かい、または粗いということばが一番使われる部分です。
その他にトラブルとして、毛穴に一致するということでニキビが代表的です。
特に夏は冬の1.6~1.7倍の皮脂が毛穴から分泌されるので、毛穴も目立つのは
当然です。その上、化粧品の成分も夏は粘度が高く、毛穴に詰まりやすくなるので、
夏の温度、湿度によってニキビの原因にもなるのです。

さてこんな皮脂の分泌に対して、化粧品の対応成分として注目しておきたいのは、
男性ホルモンの活性を抑える海藻エキス(ラミナリア・サッカリーナ)や
ビタミンB3等でしょう。その他に、角栓溶解オイルなども毛穴のザラツキには
効果があるようです。皮脂の分泌を抑えれば自然に毛穴は引き締まるわけですが、
ここでひとつ注意が必要なのは、引き締めタイプの化粧品の場合、夏場の肌に
対しては問題ないのですが、日本人の秋冬の肌には乾燥しやすくなるという欠点が
あるということです。特に、日本人は毛穴とか皮脂とかを気にしすぎる傾向があり、
いわば、白磁のような肌、お人形のような肌を理想にしているようです。

私はよくアドバイスの中に、冬場の朝、目を覚ましたとき、せめて鼻にはテカリ、
ベタツキがないと、それは肌の老化ですよ!とお話しします。
異常な毛穴の開き、例えば夏ミカンのような肌ではもちろん困りますが、
テカルくらいは、夏は当り前と思っていただきたいのです。

正しいスキンケアを励行していますと、特に皮脂抑制成分を使用しなくても、
毛穴はキュッと引き締まってくるものです。
成長過程であればなおさらのこと、あまり成分に頼らず、ダブル洗顔の正しい
励行や化粧水使いなどからスキンケアを日常の習慣としていただいたほうが
良いと思います。
また、皮脂抑制化粧品を得意とするところは、不思議に海外コスメであるという
ことも少し考えても良いところではないでしょうか。
できれば日本人の肌を理解し、日本人の肌作りを考えていただければと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。
    
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
      http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
      http://www.cher-couleur.com/shop/top/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは http://www.cher-couleur.com/mail/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』、『pubzin』を利用して発行しています。

まぐまぐ
 http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma!
 http://www.melma.com/ ID:m00013953
Pubzine  
http://www.pubzine.com/  ID:007880
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up