夏|豆知識―夏の冷え症¥―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0468 豆知識―夏の冷え症¥―

NO.0468 豆知識―夏の冷え症¥―

もう梅雨明けでしょうか?真夏の暑さを感じますね!
今年はゲリラ豪雨など今までにないような天候で、
大変だった地方も多かったと思います。
そろそろ気候が安定してくれると良いのですが・・・。

さて今回は夏に向かって注意が必要な“冷え”について勉強してみましょう。
夏に冷え?と感じられる方もいれば、なるほど!と思われる方も
いらっしゃると思いますが、夏場の冷えで悩んでいらっしゃる方は
結構多いんですよ!
それではまず西洋医学(現代医学)で考えてみましょう。
“冷え症”という病名は無いようで、家庭の医学書では
“単に体の自覚症状的トラブル”として、自律神経失調とか低血圧貧血から
冷えを感じると書かれています。確かにその通りなのですが、“冷え症”を
訴える患者さんに安定剤などの処方で本当に改善されるのでしょうか?
そこで今日は東洋医学的に冷え症対策を考えてみたいと思います。
東洋医学では冷え症を“寒邪”といい、寒さが体に入り発症する病因と考えます。
冬の冷え症は確かに外気の寒さが体に入って起こると考えるとよくわかるの
ですが、夏の冷え症の原因は何だろうと考えますね!
これには内因と外因の二つ考えられるのですが、内因としては、エネルギー不足、
血液の浄化不足、水分の代謝異常、のぼせなどが考えられ、外因としては、薄着、
クーラー、睡眠不足、偏食、少食などがあげられるでしょう。
このように考えていきますと、東洋医学でいう“冷えは万病の元”というのも
うなずけるところです。

そこで夏場の冷え症対策をいくつか考えてみましょう。
まず、早く寝る(12時までには寝る)。クーラーの効いている室内では、
上着を羽織ったり、靴下を重ねたりする。冷たい水分の取りすぎに注意する。
入浴はシャワーで済ませず、湯船にゆっくり浸かる。体を冷やす食べ物を控える。
食事のバランスを考えて食べる。適度な運動をする。ざっとあげてみましたが、
なぜこれらの対策が冷えに良いかということは理解していただけると思います。
そこで具体的な注意点として、体を冷やす食べ物を控えることはとても大切です
のでチェックしてみましょう。
特に体を冷やす食べ物としては、白砂糖、食品添加物、アイスクリーム、
チョコレート、ジュース、コーラ、香辛料、スナック菓子、トロピカルフルーツ、
生野菜、これらはできるだけ控えるようにしましょう。
では、逆に体を温める食べ物もチェックしてみましょう。
しょうが、ねぎ、にんにく、根菜類、味噌、しょうゆ、梅干、肉類、
これらは体を温めるのに効果的ですので、積極的に摂りましょう。
こう考えていきますと、冷え症の人が夏食欲が落ちて、さっぱりしたものを
いつも食べていると体に力がつかず、冷えを感じやすくなると考えられますね!

以前にも勉強したように、梅雨バテ、秋バテという体調不良に夏の冷え症による
トラブルが重なりますと体調を整えるのがとても困難になります。

暑い夏に入る前に“夏の冷え症対策”で体質強化をしてください。
付け加えますと、寝るときは体を冷やさないようにクーラーや扇風機はタイマー
などを利用するようにしましょう。特に女性は頭を冷やすと生理痛や頭痛、
肩こりを起こしやすくなりますので、注意してお休みください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up