夏|季節のトラブル―乾燥―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0473 季節のトラブル―乾燥―

NO.0473 季節のトラブル―乾燥―

今年の夏は本当に暑いですね!
私としては、夏らしい夏は結構好きです!
体温調節がスムーズな体質(ただの汗っかきともいいますが・・・)
なので、つらさをあまり感じません。
洗濯好きなので、この時期の洗濯物の乾きのよさと太陽のぬくもり感が
とても好きです!と、前向きな発想をしておりますが、この時期
どうしようもなく体にだるさを感じたり、食欲の落ちる方もいらっしゃい
ますので、秋に向かい、とにかくぬるめのお風呂にゆっくり浸かることを
お勧めします。それからお肉など歯ごたえのあるものを食べ、よく咀しゃく
してください。胃の調子がぐっと良くなりますよ!

さて今回は、何度か勉強しています毛髪の根本、頭皮について
復習してみましょう。結構見過ごされがちな部位ですが、トラブルを
気にする方、すでにトラブルを起こしている方が多い部位でもあります。

頭髪を「血余」と中医学で呼ばれていることは以前にお話しましたが、
実際に漢方の古典「本草備要」に「髪者血之餘」と書かれており、
まさに「髪の毛は血の余り」と解釈します。そしてその解釈どおり、
毛髪は頭皮から発毛され、頭皮の下には左右5対の動脈があり、そこから
栄養を送るのだそうです。そう考えるとスキンケアと同じで、頭皮の
良好な方は良い髪の毛が発毛されると考えていただいて良いと思います。
そして、頭皮トラブルと皮膚トラブルには当然関連があり、成人型ニキビや
若年型ニキビの方は頭皮にも皮脂が多く、特に生え際やうなじにニキビが
出やすい方が多いようです。よく銭湯や温泉で髪を乾かしている方の
側を通ったとき、油くさい臭いを感じることがあります。肌を見ると
ニキビがあったり、毛穴が開いている方が多いようです。頭皮ケアを
しっかりしていただくことで、この不快な臭いも当然なくなりますが、
そのためには「血余」の名の通り、血液をキレイにしていただくことが
大切なことなのです。

頭皮トラブルとしては、臭い、痒み、フケ、できもの(湿疹)、乾燥などが
あげられますが、ここで「肥厚甘味(ひこうかんみ)」という言葉を紹介
します。これは実にわかりやすい言葉で、甘いもの、油っこいもの、高たん
ぱく食、生もの、刺激物、冷たいもの、加工食品などの摂り過ぎが、体内に
「湿」と「熱」を作り出して老廃物が血液を汚すという考えです。更に、
「肥厚甘味」に偏った食生活は、ストレスを感じやすい体質になって行きます。
ストレスを強く感じると交感神経が活発になり、不眠やイライラを引き起こ
します。これが更に皮脂の分泌を促進し、常在菌が異常に繁殖してカユミが
出たり、頭皮が赤くなったりして頭皮環境をどんどん悪くしていきます。
つまり、頭皮のバランスを良好に保つことが良い毛髪を作り、バランスを
保つためには体内では「肥厚甘味」を避け、体外では頭皮ケアを行なうことが
重要ということになるのです。

それでは、頭皮ケアのアドバイスをさせていただきましょう。
基本的に大切なのは頭皮マッサージです。特にトラブルのない方は、一日
1分でよいので、ブラッシングを頭皮にしっかりしてください。できれば
生え際から頭上の百会(頭頂部のへこんでいるツボ)に向ってブラッシングが
お勧めです。すでに臭いや脱毛、フケ、痒みなどトラブルのある方は、臭い、
脱毛、痒みは専用の頭皮ケア用シャンプー前にオイルを活用してください。
フケの場合もそれでいいのですが、痒みやフケの場合、頭皮に傷がある場合が
ありますのでべたつかないピュアなオイルを使います。

頭皮全体にオイルを少し多めになじませ、30分ほどラップまたはキャップで
包みます。毛穴から皮脂や老廃物が出て汗も出てきます。30分ほど経ちま
したらラップをはずし、入浴して頭皮を指で揉むように刺激します。2~3分
刺激し、体を洗ったりしていただいた後、入浴の最後にお湯で頭皮毛髪ともに
よくすすぎ、それからシャンプーをします。シャンプーは必ず手のひらで泡立
ててから地肌を揉むように洗います。できれば植物性などやさしい界面活性剤を
使用しているものを使うようにしてください。油分が気になるようであれば
少量のシャンプーでもう一度洗ってください。それからトリートメントですが、
これは毛髪にだけ使用するようにして、よくすすいでください。そして入浴後は
必ずドライヤーで乾かしてから寝てくださいね!ここで重要なポイントです!
髪を乾かさないと痒み、フケの原因になり、額のニキビの悪化にもつながります。
しかし、熱いドライヤーの長時間使用は地肌の軽いやけどになり、こちらも
痒みやフケの原因になりますので、風量と距離をコントロールしながら手早く
乾かすようにしましょう。

いかがでしょう?シャンプー前のオイルケアはトラブルのある方で週に1度
くらい、気になる程度の方であれば一ヶ月に1度でも良いんです。特に夏の
終わりは、体内が栄養不足になりやすく、抜け毛も増えるシーズンですから、
頭皮のオイルケアをしていただくことで改めて納得いく艶やかな髪が実感
できるはずです。オイルケアは白髪など老化トラブルにも効果的ですから
是非この時期にお試しくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒111-0054 東京都台東区小島2-17-12
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up