秋|豆知識―酵素と発酵食品―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0568 豆知識―酵素と発酵食品―

NO.0568 豆知識―酵素と発酵食品―

なんとやっぱり、ことしは一気に寒くなってきましたね!日中はけっこう
過ごしやすいですが、ここ何日、朝晩は寒い!という感じです。
先日、今年初の伊豆七島の新島に行ってきましたが、パワー全開の人柄の
良い方ばかりです。新島の方は四方を海に囲まれているので、手入れ不足を
するとすぐに海風と紫外線でシミやシワが発生しやすいのですが、元々の
食生活が体質を強化するのか、肌の弾力があるので回復力がとてもあります。
さぼらずに頑張っていただきたいですね!

さて、食生活というキーワードが出ましたので、今回は酵素と発酵食品に
ついて勉強してみましょう。私くらいの年齢になると長い間の健康食品の
歴史の中で酵素といえば、体内酵素というよりも、大○酵素とか万○酵素
とかの昔から言われる酵素飲料を思い浮かべます。まだ続けて飲用した経
験はありませんが、口コミでもかなり効果がありそうな気がします。とこ
ろがいろいろ調べてみますと、少し考え方が変わります。

現在発見されている酵素は約300種類で、酵素にミネラルやたんぱく質が
巻きついたものと考えてよいようです。そして、300種類ある酵素は、
一つ一つ単独でしか仕事をしない!ということなのです。消化酵素はよく
耳にしますが、例えばアミラーゼという唾液の中に含まれている酵素は、
デンプンを分解する酵素でたんぱく質は分解できません。たんぱく質は
プロテアーゼという酵素が分解します。このように酵素は炭水化物、たん
ぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素に食物繊維が加わった
これら栄養素に対し、一つ一つ作用して生命をコントロールしていると考え
て良いと思います。しかし、酵素は飲料として摂取しても胃酸によって分解
されてしまい、その働きはあまり期待できないという理論もあります。確か
に酵素は加熱したり冷凍すると活性を失い、たんぱく質に戻ってしまいます。
ということは、新鮮な野菜や果物から酵素を摂ったほうが良いという結論に
なりますよね!例えばお肉をパイナップルに浸けると柔らかくなります。
これはブロメラインというパイナップル果汁などから作られる消化酵素で、
これがお肉のたんぱく質を分解して柔らかくし、消化を良くしてくれます。
でも缶詰のパイナップルにはこの酵素はありません。というように、熱処理
されていないものを摂るというのが良いと考えられますね!特にレタス、
キャベツ、ニンジン、セロリ、パパイヤ、アボガド、キゥイ、バナナ、
マンゴー等には酵素が多く含まれていますよ!ただ、体は冷やしてしまい
ますので、温野菜やみそ汁などと一緒に摂っていただくとよいですね!

そしてもう一つ見直したいのが発酵食品です。発酵食品は簡単に言うと
“食材が微生物の働きで、分解されて変化する”ということです。“腐る”
と似ていますが、体に良い変化をすることを発酵と考えていただけると
良いでしょう。酵素を摂るより、より身近で長い歴史の中で培われており、
それぞれの国に適した伝統食品と考えて良いでしょう。そしてやはり、日本
人には日本人の発酵食品が一番良いので、昔からあるものを積極的に食事に
摂りいれましょう。例えば納豆ですが、ナットウキナーゼという酵素は、
脳梗塞などの原因を作りにくくしてくれるそうです。そして、たんぱく質や
脂質も分解してくれるプロテアーゼやリパーゼなど、いくつもの酵素を含ん
でいます。食べ方のコツはよく混ぜること!ネバネバが増すことで酵素が
増えるんだそうですよ!そしてもちろん加熱しないことが大切です。みそ汁も
沸騰させないことが大切です。味噌、醤油、酢、味醂、塩辛、納豆、クサヤ、
味噌漬け、粕漬け、漬物などは食事に多いにとりいれて行くことが大切ですね。
これらは○○酵素を購入して飲用するより酵素の吸収が良い気がします。
もちろん○○酵素の栄養価やその他の効果が期待できることは付け加えさせて
いただきます。

豆知識としては、2006年アメリカの健康専門月刊誌「ヘルス」に世界五大
健康食品が発表され、スペインのオリーブ油、日本の大豆食品、ギリシャの
ヨーグルト、インドのダール(豆)、韓国のキムチが選出されました。
オリーブ油も生なら酵素が含まれていますよ!これらからも食生活の大切さ
がわかりますね!先ずは日本人の食生活の良さを再認識していきましょうね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up