冬|季節のお手入れ―乾燥からお肌を守るお手入れ―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0581 季節のお手入れ―乾燥からお肌を守るお手入れ―

NO.0581 季節のお手入れ―乾燥からお肌を守るお手入れ―

外は一年で一番寒い季節ですが、日中室内では、春の日差しでポカポカですね!
2月の声を聞きますと突然大雪が降ったり、前回に復習しました花粉症がピークになったり、紫外線がびっくりするほど強くなってきます。さすがに“節分”変化のある月に入ってきますね!

このところお肌トラブルも乾燥による肌荒れの方がとても多くなってきました。
そこで今日は乾燥によるトラブルと、しっとりさせるお手入れについて勉強してみましょう。乾燥のトラブルは単純に“乾燥する”というだけではありません。基本的に10~20代前半の乾燥はカサカサする、ツッパリ感があるというもので、正しい手入れまたはホルモンのバランスで、ある程度回復すると考えてください。ところが20代後半からは、肌の力によってダメージに差が出ます。肌力を低下させないためには、基本の手入れ、毎晩クレンジングをする、洗顔をする、化粧水で保水する、クリームで保湿保護する、というのが一番簡単な方法になります。最低でもここまでを毎晩していただかなければ肌力の維持はできません。この基本のお手入れを、メイクを始めたころからずっと続けていただければ、年齢が上になっても“手入れのできる女性”になっていきます。

それではダメパターンの例も挙げてみましょう。
・メイクをしていないからクレンジングをしない!
・夏はしっとりするから化粧水も忘れちゃう!
・クレンジングとソープが一緒のものの方が簡単だからそっちを使う!
・メイクをとらずに寝てしまう。
・毎晩ソープはするけどクレンジングはしない!
・一つでぜーんぶOKのものを使っている。
これらは全部ダメなパターンです。大した手入れをしていないのに友達はキレイ
だとか聞くと、ついつい自分も楽な方に引きずられてしまいがちですが、手入れ
というのは肌力を維持していくためにも、強化していくためにもとても大切な
ことであると、しっかり覚えておきましょう。

さて次に、乾性、乾燥を感じる肌は老化しやすい!この点もポイントです。私はよくお話しするのですが、ニキビ(若年性)が出た人の方が年齢が上になって老化しづらいんです!なぜかというと脂性肌の方は皮脂の分泌が多いので潤いを保てるのです。しかも、若いころにニキビの悩みでコンプレックスがあるので、美容に興味のある方が結構いらっしゃいます。ところが、毛穴が目立たない、キメの細かいお肌の方は、皮脂の分泌も汗の分泌も少ない傾向があり、肌の保湿能力が秋冬になると低下してしまいます。ということは、肌年齢によっては乾燥肌のキメの細かい方は年齢と比例しないので、老化してしまっている方も多いということになります。
特に冷え症で胃腸の弱い方は、年齢よりも老化させてしまう傾向にあり、この状況がはっきりわかるのは40代になってからなので、それまでに肌のために何をしてきたのかは、かなり後になってから答えが出るということになります。

では、老化とはどのような肌トラブルをさすのか考えてみましょう。

答えは、シミ(肝斑)、シワ、タルミ、くすみ、白髪などです。脂性肌のニキビのような力はないので、特に目立つわけではなく肌に現れます。しかも自分で自覚してケアをしていきませんと、友人や家族もなかなか口に出せない中で、静かに肌に現れていくトラブルなのです。この老化トラブルの最初のシグナルになるのが、秋冬のツッパリ感やカサカサ状態なのです。肌がこの状態になっていたら、かなり肌力が弱っている!と考えてケアをしなければなりません。

そしてこの時期、老化をさせないスキンケアにお勧めはオイルマッサージです!
100%ピュアなオイルを用意し、クレンジングをして軽く化粧水で拭いた後、オイルを顔全体になじませて、手のひらを使ってハンドタッチ!顔を包むように
圧迫して10秒くらいで軽く放し、3回くらい繰り返してください。次に目の下をこめかみ方向へ中指でゆっくり引きます。こめかみプッシュを5回!そして、人差し指、中指、薬指の指先で瞼の上から20秒プッシュを3回!口の周りは左右の手でチョキを作って真ん中から外側に10回引きます。そしてそのまま入浴または、ラップを被せて5~10分くらい置いても良いでしょう。最後は洗顔をしても良いのですが、蒸しタオルでふき取ってすすいでいただいても良いでしょう。入浴後はたっぷりと化粧水や保湿クリームをつけてお休みください。朝のもちっと感とメイクの乗りはすぐにわかるはずです。
続けて二日間実施するのがお勧めです。その後は週に1~2回でも冬の肌が潤いますよ!先ずは乾燥対策!しっかりケアしましょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから★☆★  
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせはinfo@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせはinfo@cher-couleur.com

SkinCareSchool 淳子先生の『お肌の学校』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐhttp://www.mag2.com/ ID:0000041844
melma!http://www.melma.com/ID:m00013953
____________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up