冬|季節のトラブル―手(ハンド)の老化―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0584 季節のトラブル―手(ハンド)の老化―

NO.0584 季節のトラブル―手(ハンド)の老化―

最近また中国からの汚染物質の話題がかなり上がっています。
ここでも何度かお話しさせていただきましたが、肌も同じように浮遊物質にさらされている訳ですから、スキンケアの大切さと日中のメイクによる肌の保護は本格的に考えませんとシミやシワ、カブレなど肌力低下や接触によるトラブルで素肌ストレスは相当高いものになります。
日々のスキンケアに少し心配りがほしいところですね。

さて今回は、素肌ストレスという点では何度かお話しさせていただきましたハンド(手)のトラブルについて復習してみましょう。
よく“首は年齢を隠せない”とか“手は生活を表す”などといわれますが、手というのは本当に生活感が出てきます。今でこそ、首も手も整形手術の範囲になったとかいう
噂を聞きますが、実際どうなのかは、よくわからない現状です。考えてみれば、過酷な状況に接するという点で“手”は体の中でもピカイチかもしれません。
なぜなら、一日中水を使っている人、油を使っている人、パソコンなど静電気の出やすいもので仕事をしている方など…。どうでしょう?お顔ならばメイクもお手入れもキチンとしようとすればできますし、体も洋服でカバーできます。
足ももちろん靴下や靴で保護します。ただ、手に関しては“素手”という言葉通り、割合何も保護しない状況で家事を含め、仕事をしていませんか?
そして年齢と共にどんどん老化していくのも“手”なのです。ですから手を若返らせるというのは案外難しいんですよ!

老化現象が特に目立ちやすい白人女性は、手の老化をかなり気にしている方が多いようです。
よく話題に上るのが「セックス・アンド・ザ・シティ」の主演女優のサラ・ジェシカ・パーカーさん。彼女の手はかなり目立ちます。
同じように美しい方でも手の老化を指摘されるのは、マドンナやアンジェリーナ・
ジョリーさんも同様です。そんな方の共通点は血管の浮き出かたとシワなんですね!また白人の方はシミも出やすい方が多いようです。では、なぜ手の老化は起こるのでしょうか?やはり一番の原因は“ケアをしない”ということが挙げられます。自分自身で考えても、手荒れの経験もなく、特に老化も気にする
ことなく、洗剤をどんどん原液で使用し、日焼けも気にしない!そんな生活をずっと続けてきた私が、秋・冬になりどうしようもない手の老化に気づいたのは50歳くらいからでした。ハンドクリームなど使ったことがなかったのですが、とにかく“見た目がひどい!”そこで、このところ水仕事はゴム手袋をして行うようにし、ハンドケアも心がけてきましたら、なんだか少しは良い方向に向かっているようです。
では、どのように老化回復をしていくのかポイントを押さえましょう。

1.夜、スキンケアと同じようにケアをする。
2.日中5回以上ハンドクリームを使う。
3.水仕事をするときは、できるだけ素手を避ける。
4.食事のバランスをとり、日中は生野菜や果物をとるようにする。
5.意識を高めるためにマネキュアやリング、ブレスレットなどを使用する。

そしてハンドクリームを使用する際は、軽くマッサージするようにして、指の付け根や関節を刺激してください。そして心臓より上に手をあげて20秒間手をブルブルするのも効果的です。
もう一つ注意としては、30歳以上の方のダイエットによる激やせは、手や足の脂肪が減少してそのあと脂肪がつかなくなりますので気を付けましょう。東洋医学でいう、水毒タイプの、もち肌ぽっちゃりタイプの方は、冷えや更年期はつらくても手がとてもキレイという方が多いという点もチェックポイントかと思います。
それでは今日の夜のケアから、ぜひ実行してくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的なトラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するようがんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報をいただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから★☆★  
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせはinfo@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせはinfo@cher-couleur.com

SkinCareSchool 淳子先生の『お肌の学校』は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐhttp://www.mag2.com/ ID:0000041844
melma!http://www.melma.com/ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up