春|季節のトラブル―カブレと痒み―|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0588 季節のトラブル―カブレと痒み―

NO.0588 季節のトラブル―カブレと痒み―

春の嵐!すごい強風でしたね!ほとんど台風並みでした。今年は花粉も多いですし、風の影響からなのか、肌のカブレや湿疹の方のご相談がとても多い春になっています。そこで今回は、肌がカブレてしまったり痒みが出たときの対応を勉強してみましょう。

何でもなかった肌が突然赤くなる、痒くなる、細かい湿疹が発生するという経験がない方もいらっしゃると思いますが、ひどくなければ案外皮膚の表面で起こっていることがあります。
カブレのチェックとしては、

1)入浴や洗顔後、ちょっと肌を放っておいたらツッパリ感が出る。
2)メークをして、日中口の周りや頬がカサカサと細かい皮剥け状態になる。
3)化粧水やエッセンスがピリピリと感じる。
これらが軽いカブレ、いわば初期の肌荒れです。

次に中程度のカブレは、
1)花粉症またはアレルギーで顔がゴワゴワする。
2)痒みとカサカサが重なった。
3)ピリピリとした感じとツッパリ感がひどく、赤みがある。

いかがでしょう?これは花粉症やアレルギーの方は経験ありますね!

初期から中期程度ならばそこそこのスキンケアと体調の変化から、いつのまにか肌が元に戻ることが多いのであまり心配いりませんが、いつまでも改善しなかったり、悪化してきたときにどのような対処をしていますか?
ここがやはりポイントになります。かなりひどくなってきても痒みが強くないときは、できればナチュラルに改善させるのが肌には良いのですが、なかなかそうはいかず薬を使ったり、皮膚科の先生に相談されることもあると思います。
そこで、まず適当にある薬を使用することはやめてください。
ひどくなったときは皮膚科の先生に相談して適切な対応をしてもらうことが大切です。ただしここで問題があります。私は専門の皮膚科の先生に相談して適切な対応をしてもらうことには大賛成なのですが、1年に何度も行っていたり薬をずっと使用したりするのはちょっと心配です。基本的に中程度以上のアトピーの方や慢性の皮膚病の方以外は、やはり使用するぬり薬には副作用があるということと、飲み薬にも副作用があるということを理解していただきたいのです。
何度も繰り返す皮膚トラブルは、もしかしてぬり薬の使い過ぎで肌本来の力が低下しているのかもしれません。そこもちょっと頭に入れておいてください。

そしてもう一つ、皮膚トラブルは実は内臓トラブルのシグナルである場合もあります。すべてのトラブルがそうではありませんが、体が痒いとか顔面の中心部位あたりに痒みや赤い湿疹が発生して肝臓が弱っていることがわかったり、口の下の部位から横のカサカサは胃腸に疲れが出ていたり、頭皮の生え際にフケやカブレがあるときはコレステロール値が高かったり、目の周りのカブレで50歳以上の女性なら更年期でホルモンバランスに乱れが出ていたりします。
まだまだたくさんありますよ!
とすると、やはり健康なバランスの良い生活をしているとカブレは起こりにくい!
そして、適切なスキンケアを行っている人もカブレにくいということ!
もし、初期から中期程度のカブレや赤みが起こりましたら、まず悪化の原因と考えられることをチェックしてみましょう。
・睡眠不足が続いている・紫外線を素肌に受けた・ストレスを結構感じる・イライラする・スキンケアは苦手・偏食である・タバコを吸う・ホルモンバランスが悪い・お酒を飲む・顔そりをまめにするこの中に3つ以上当てはまれば、アレルギーシーズンに体調が今一つであれば結構トラブルが起こります。できるだけ改善するようにしてください。

スキンケアでは急にコスメを変えることはお勧めできないので、とにかく刺激しないことが大切です。今手持ちのコスメに、できれば防腐剤や香料、アルコール等の入っていないピュアなオイルをひとつプラスして対応していきます。
まず、夜はオイルを少し多めにとって顔全体にやさしくつけてから手持ちのクレンジングを重ねてください。短時間でなじませて、べたつきが気になればティッシュで押さえてください。入浴中はシャワーを顔に当てないように手で受けて人肌湯でよくすすぎ、ソープも泡立ててから軽く乗せる程度で洗います。
その後はよくすすいで水分のあるうちにオイルを手のひらに取って全体になじませ、ムズムズしたらすすいでも大丈夫です。入浴または洗顔後、お手持ちの、できればノンアルコールの化粧水を手で押さえるようになじませて、これもお手持ちのクリームを重ねてください。ヒリヒリやツッパリ感を感じるときはエッセンスや乳液は控えてシンプルでやさしいケアを繰り返し、朝は日焼け止めをしっかりしてください。ただし、弱くなっている肌にSPFの高いものはいけませんので。
SPF20程度の使い慣れた下地クリームをのばしてパウダーなどで押さえるだけで大丈夫です!

肌にトラブルが起こると焦ってしまう方が多いですが、きちんと対応していくと自然にきれいに戻れます。日々のスキンケアから考えて対応していってくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
お取扱店情報はこちらから
http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 365日のクレンジング | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up