秋|豆知識ー体に良い“食”ー|毎週配信シェルクルールのメルマガのバックナンバー。

HOMEお知らせ・キャンペーン情報よくある質問運営会社

メルマガバックナンバー

HOME > メルマガバックナンバー > > NO.0614 豆知識ー体に良い“食”ー

NO.0614 豆知識ー体に良い“食”ー

先日の台風は10年ぶりの大型台風だったそうで、すごい速さとものすごい
被害を残して北上していきました。その翌日から、私は出張で伊豆諸島の
新島へ向かったのですが、大島の状況を考えると晴天の中の移動も心を
晴らしてくれる感じはありませんでした。今年は自然災害の年と何度も書いて
きましたが、こんなにも続くものかと考えさせられてしまいます。

さて、季節はすっかり秋らしくなりました。少し前までは夏に戻ったかのような
気温もありましたが、何が起こっても日本という国は四季がきちんと訪れます。
そこで今日は、食欲の秋に関連して、体にいい“食”について勉強しましょう。
“皮膚は内臓の鏡”といわれますが、肌のトラブルアドバイザーとして肌を見る
のが仕事の私としては、つくづくこの言葉の重さを感じます。実際、肌表面に
トラブルの現れる方は、誰かがそのトラブルを改善するアドバイスをしてあげる
ことによって体内も健康になっていくので、ある意味では皮膚トラブルはその人
の人生にも影響があるんだと深く感じてしまいます。例えば“ニキビ”が人生に
影響?シミが?など、少し大袈裟ですが、私は本当に大きな影響があると思う
のです。なぜなら肌トラブルを改善した方々と長くお会いしてわかるのは、老化
しない肌になっている方がとても多いからなのです。特に、びっくりするくらい
大変なトラブルの方ほどよくわかります。昔は“お客様の肌がきれいになれば
良い!”と私も思っていた若い頃がありましたが、肌はその方の食生活、生活
習慣、病気のシグナルまで教えてくれているのです!そこで今日は、肌に良い
“食”ではなく、体に良い“食”を考えてみたいと思います。

ここでまず大切なことは“日本人”であるということです。韓国の方、米国の方、
ヨーロッパの方、中国の方、日本にもたくさんの民族の方がいらっしゃいますが、
基本的に受け継がれてきたDNAはまだまだ古来からDNAであるということを
実感していただかなくてはなりません。すべてがという訳にはいきませんが、
やはり基本的には食生活は日本の食卓であることが一番大切だということです。
ただし私くらいの60歳近い方々であれば、まだどんな食卓が日本人の食卓で
あるのか理解できると思うのですが、20代くらいの方が、はたしてどんな
食卓人生だったかということがとても影響してきます。

以前にパンについて書いたことがありましたが、米国の小麦の豊作事情が、
戦後の日本の食文化を大きく変えたという事実は、食の変化を知る上でポイント
になります。やはり小さい頃から食べていたもの、見ていた食卓というのが、
とても大切になってくるのです。例えば昔は、春には春菊、夏にはきゅうり、
秋にはなすび、冬に白菜というように旬の野菜を楽しみにしていた時代が
ありました。ところがこれらのどれもが一年中手に入るようになり、当たり
前に年間野菜となっています。そして調味料もカツオ、煮干しに代表される
味付けに、味噌、醤油、みりん、酒、塩などが中心で香辛料は一味、七味くらい
でした。バター、生クリーム、にんにく、タバスコなどは、ここ50年くらい
食卓に上ってきた調味料です。ということは、日本人の体形を考えましても
繊維の多い野菜をしっかり食べなければ腸に負担がかかります。高タンパク、
高カロリー食はとても味付けが濃く、近頃の美味しい食事ですね!例えば
ファストフード系やインスタント食品も近頃とても美味しくなりました。
たまに食べる程度ならば問題ありませんが、“大好き”または“便利だから”
という理由で食べていると本来の体質に必要な栄養が補えないために体調を
崩したり、飽きっぽくなったり、すぐにイラッとしやすくなってきます。
若い方でもこの辺りを理解して食事を大切にしている方が増えていますが、
手軽で簡単、美味しいという食品は、長い目で見て悪影響が多いので見直し
が必要です。

ではどのような食事が良いかというと、たくさんの色を食べるということが
ポイントです。緑だったり黄色だったり、赤だったり白だったりというと、
この彩は野菜を摂ると補えるということですね!それに味付けを日本の調味料
を活用していただくと体質に合うということになります。そして主食、主菜、
副菜を一食にキチンととりいれて、ゆっくりとよく噛んで食べるということが
ポイントになります。

何といっても和食を世界遺産にするという働きかけがあるように、和食は
世界的なヘルシーフードなんですね!煮物、鍋料理、酢の物、和え物など、
今どきはちょっと面倒であまり食べない方もいると思いますが、体の求める
食事、食品を摂る心がけはしたいですね!そうすることによって便通や
肌トラブルも改善力がグーンとアップしてきますよ!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
毎日のお手入れや、生活習慣の改善は大変なことですが、後天的な
トラブルは必ず改善しますので、いいリズムを習慣化するよう
がんばってください。
また、ご質問の際、肌の状況、生活、食習慣、年齢など詳しい情報を
いただければ、それだけ適切なアドバイスができるかと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  ★☆★『お肌の学校』バックナンバーはここから ★☆★   
  http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  淳子先生の『お肌の学校』でおなじみのシェルクルール化粧品!
           お取扱店情報はこちらから
     http://www.cher-couleur.com/shop/index.html
      お問い合わせは info@cher-couleur.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:株式会社ヴェルジェ http://www.cher-couleur.com/
〒104-0042 東京都中央区入船2-7-4
『お肌の学校』はverger,Inc. の商標登録です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シェルクルール化粧品の取扱店をホームページ上でご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
登録・削除・バックナンバーは
http://www.cher-couleur.com/mailmagazine/index.html
お問い合わせは info@cher-couleur.com

Skin Care School 淳子先生の『 お肌の学校 』は、インターネットの本屋さん
『まぐまぐ』、『melma!』を利用して発行しています。

まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000041844
melma! http://www.melma.com/ ID:m00013953
______________________________________________________________________
※本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。

prev

next

HOME | “シェルクルール化粧品”とは | シェルクルールのこだわり | 取扱店舗・運営会社案内 | 私のお守りスキンケア。 | メルマガバックナンバー | よくあるご質問 | お問い合わせ

Page Up